ワークマンは「ライフウェア以外」の山を取りに行っています!改めて「マーケティングの重要性」を実感!

更新日:2021年5月11日


 

https://www.fashionsnap.com/article/2021-05-10/workman-2021-3/

 

改めて凄いですね。


ワークマンがウィメンズとジュニアアイテムで客層を拡大し、増収増益となったという記事です。


ワークマンさんのマーケティングは非常に優秀ではありますが、ここまで結果を出せるのは見事です。


恐らく、ユニクロが「ライフウェア」を提案し続けており、戦略的に「ライフウェアー外」でのカテゴリーでニーズを分析しているのでしょう。


軽自動車なら「ダイハツ」、トラックなら「いすゞ」のように、アパレル業界内での他の山で1位を取りにいっていますね。


加えてハッシュタグの取り方などデジタル展開も勉強になります。


▼まとめ

・ワークマンが、2021年3月期(2020年4月1日〜2021年3月31日)通期業績を発表

・純利益は170億3900万円(同133億6900万円)と増収増益

・新カテゴリーの開発に加え、女性やジュニア向けアイテムを展開するなど客層拡大を図ったことが要因

・チェーン全店売上高は前年同期比20.2%増の1466億5300万円


ローカル戦略にも活かしてみます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/94907?imp=0 メモ程度に。 時代はググるからトクるへ変わっていくという記事です。 最終着地としては ・ググる(Google) ・タグる(Instagram) ・トクる(TikTok) の3層に分かれるということです。 30代あたりだと「そりゃそうだよね」という話ですが、50代以上ですと「Google以外の検索」が世

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し