ワークマンは「ライフウェア以外」の山を取りに行っています!改めて「マーケティングの重要性」を実感!

更新日:5月11日


https://www.fashionsnap.com/article/2021-05-10/workman-2021-3/


改めて凄いですね。


ワークマンがウィメンズとジュニアアイテムで客層を拡大し、増収増益となったという記事です。


ワークマンさんのマーケティングは非常に優秀ではありますが、ここまで結果を出せるのは見事です。


恐らく、ユニクロが「ライフウェア」を提案し続けており、戦略的に「ライフウェアー外」でのカテゴリーでニーズを分析しているのでしょう。


軽自動車なら「ダイハツ」、トラックなら「いすゞ」のように、アパレル業界内での他の山で1位を取りにいっていますね。


加えてハッシュタグの取り方などデジタル展開も勉強になります。


▼まとめ

・ワークマンが、2021年3月期(2020年4月1日〜2021年3月31日)通期業績を発表

・純利益は170億3900万円(同133億6900万円)と増収増益

・新カテゴリーの開発に加え、女性やジュニア向けアイテムを展開するなど客層拡大を図ったことが要因

・チェーン全店売上高は前年同期比20.2%増の1466億5300万円


ローカル戦略にも活かしてみます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え