人口減はGDP経済にとって打撃ですが、未来は自分たちの手の中にあります!もう一度、文化を見直しましょう!


https://nordot.app/795579913744203776?c=113147194022725109


わぁ、どんどん減っていきますね。


日本の総人口が過去最大の減少という記事です。


GDP経済の視点では大問題ですよね。


もともと、1950年あたりでは世界の人口ランキングで4位~5位だったと記憶していますが、現在は11位、統計以降TOP10位から外れるのは初めてです。


世界を見ると、2050年の予測ではインドが1位となり、新しい顔ぶれとして、パキスタン、バングラデッシュ、コンゴ、エチオピアあたりがTOP10位に入ってきます。


これからの時代は南アジア、アフリカが世界のGDP経済を引っ張る形になります。


日本は幸福度ランキング1位のフィンランドを始め、デンマークやスイスのような「国のあり方」を模索する必要があります。


が、いまだに単に人口減を嘆いているため、当分は幸福度は上がらないと直感しました。


また、ヨーロッパと違う点として、日本の発展は文化を置き去りにした発展だった、という点でしょう。


東京駅に降りても日本文化の「ぶ」の字も見当たりません。。。


文化を重んじる中で生活していれば、GDPの大小にとらわれず、幸福を感じれるものです。


例えば、ビジュアル系ロックバンドという文化の中にいる「ファン」はとても幸せそうですよね、笑


経済発展のためにマシーン教育を受けてきた我々日本人がこれからどのように世界と日本、そして自分自身と折り合いをつけて生きていくべきか、考えさせられますね。


極論、未来はいつでも自分の手の中にありますが。


▼まとめ

・総務省が4日発表した住民基本台帳に基づく人口動態調査

・今年1月1日時点の外国人を含む総人口は1億2665万4244人

・前年を48万3789人(0.38%)下回った

・外国人も集計に含めた2013年以降、1年間の減少数、減少率とも最大となった


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

状況が明確になれば一つずつ対処し未来を作ることに集中していきましょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2230G0S1A920C2000000/?unlock=1 リアルな数字が出ました。 コロナ禍で4.5万件の飲食店が閉店したという記事です。 政府の対応が飲食店に対して極端だったように個人的には感じますが、時代によって生き残る産業と生き残れない産業があります。 コロナ禍以降、飲食店のニーズが減れば、市場は縮小し、飲食店

「良いものは売れる」という時代はとっくに終わり、クオリティ以外の部分を描いてビジネスができるかどうかが重要です。

https://www.businessinsider.jp/post-243858 へぇ~すごく面白い取り組みですね。 4人の女性が移動しながら宿泊できる2階建てバスをリノベーションし、旅行プランナーとして商売を始めたという記事です。 内装からなにから全て4人で手掛けて行ったようですが、バス内を写真で見る限り、クオリティがかなり高いです。 人件費がかからないとはいえ、そこそこ投資は必要だったので

マクドナルドの強みは常に先行利益を獲得し続けている部分であり、代替肉分野に関しても同じことが起こるのでしょう。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500169&g=int 少しずつ進んでいるようですね。 米マクドナルドで代替肉バーガーが試験販売されているという記事です。 代替肉バーガーの試験販売はもうだいぶ前から行われていますが、本当にゆっくり進めていますね。 というより、将来を見据えて着実に進めているという感じでしょうか。 例えば、モスバーガーやロッテリア、