人員・仕事が固定化した職場の経営層こそ「ワーケーション」はヒントになりそうですね!


 

https://logmi.jp/business/articles/324825

 

ワーケーション、すなわち環境を変えて仕事をするって大事ですよね。


地方で成果を出せる事例をもとにワーケーションについての記事です。


記事の件名にある「人員・環境・仕事内容が固定の職場で」とありますが、私自身も社員が100名前後の中小企業で働いた際、疑念に感じた点です。


十数年、ほぼ同じ役員、管理職、年配のおじさん十数名で構成されていました。


結果的に、新しい発想が出ることも、現場から生まれた発想を受け入れることもできずに、コロナ禍で赤字続きとなり債務超過目前となりました。


そうなることは目に見えていました。


口では「イノベーションだ」と言いつつ、全員メルカリの仕組みすら分からないんですから当然です。


なので、少なくとも、ワーケーションで環境くらい変えて仕事してみたらどうかな、ということです。


保身、リスクを恐れた社長が、役職にしがみつき、仕事内容も変えない。


そう思うのは人間なので仕方ないとしても、働く「環境」を変えることにリスクはほとんどないはずです。


働く「環境」を変えるだけで、思考が発散されるなら安いものです。


なにも遠出するだけでなく、午前中は様々なカフェで1週間ほど仕事してみる、とかでもいいのではないでしょうか。


私自身、ノマド的に働いていますが、ノマド先で若い年代の会話を耳にすると「なるほどな」と思うこともたくさんあります。


そういった意味でも、ワーケーションのポテンシャルは高そうですね。


荒井智也:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり