今後「職人の勘」世代が引退していくこでデータ化する必然性が各社出てくるのではないでしょうか。


 

https://www.tokyo-np.co.jp/article/146416

 

来店客数が多い業態にはすごくハマりそうですね。


AIで飲食店の来客予測、精度は80%以上で食品ロスを80%以上削減したという記事です。


現場にとってピーク時に向けての準備って非常に大事で、特に予想以上の来客の場合、お客様を待たせてしまうことがすぐに客離れに繋がります。


私はミニストップというコンビニの本部で勤めていましたが、夏にはハロハロなどのコールド関連の予測を頭で考え準備しますが、完璧にはいきません。


結局、欠品をしないことを優先にするため、一定以上の廃棄ロスを覚悟し取り組んでいました。(結果、悲惨な状況になることも。。。)


飲食店もしかりですが、小売り関連でも役立ちそうなシステムですね。


ROXの商品、利用してみたいです。


▼ローカルビジネスの研究所 ~がやてっく開発室~

https://note.com/gayatec/m/m4b74eb72a919


▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛