今後注目の分野、「漁業」と「農業」を掛け合わせたドイツの循環システムが素敵です!


 

https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/sdgs/archive/20210504_02.html

 

さすがドイツですね。


漁業と農業を両立させて環境エネルギーを循環させる取り組みを特集した記事です。


漁業と農業での環境の取り組みは単体の取り組みはよくあります。


例えば、ビルの空きテナントに野菜が作れるシステムや、環境に負担を掛けずに育てられる養殖技術など。


今回の事例では技術が複合的になっており、

「地産地消」

「魚の養殖で利用した水をバジルの育成に利用」

「バジル育成で発生した酸素を魚の養殖で利用」

「魚の養殖で発生した二酸化炭素はバジルの光合成で酸素へ」

ということです。


さらに、地産地消のため、移動コストがほとんどかからないため、配送時に発生する排気ガスが非常に少なく、魚も新鮮な状態で食卓に届くとのことです。


加えて、バジルの出荷にはプラスチックの容器を使わない。


品質と価格が気になるところではありますが、世界の資源に限りがあるため、取り組みや品質の良し悪しではなく、今後は選択せざるを得なくなりそうですね。


▼まとめ

・運営はベルリン市内にあるECFファーム

・「漁業」と「農業」を掛け合わせた循環システム

・水槽の水のおよそ半分は雨水を使用

 ※その他は記事に記載した通り

・ベルリンなどのスーパー260店舗に提供


漁業と農業の分野は今後さらに注目されていくと思われます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し