仮説に対してアプローチするってやはり面白いですね。


 

https://realsound.jp/book/2021/09/post-861679.html

 

プロモーションって面白いですよね。


朝日新聞に「東京卍リベンジャーズ」の地域限定広告が1面掲載されたという記事です。


私はマンガをほとんど読まない人ですが、こういった記事が入ると全く知らなかった私がマンガ名を検索して知ることになります。


私の場合はお金を落とすことはありませんが、仮に新聞を50万部配布すれば、全巻まとめ買いする人もいるかもしれません。


そこから、作者を好きになれば、その後もマネタイズができるかもしれない。


というような、将来の仮説に対して定性寄りにアプローチするってやはり面白いです。


石川県のセリフ「小京都っていうより “超” 京都やな」は何を指しているか気になりますので、こちらも今から調べてみます。


▼まとめ

・『東京卍リベンジャーズ』のキャラクターがご当地方言で喋る地域限定広告が朝日新聞朝刊にて掲載された

・地域によってデザインが異なる広告

・“日本リベンジャーズ”キャンペーンの第二弾となる


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛