企業を「平均」で測る価値が落ちている!?2011年以降はSNSの台頭で個人が稼げる時代に変化したため、企業で稼いでいる人の絶対数も参考にしたいです!


 

https://toyokeizai.net/articles/-/445627

 

おぉ、やはり危機を感じざる得ないですね。。。


東洋経済オンラインにて直近10年の高年収企業の変化をグラフで示していました。


まず、結果的に10年で大枠の変化はほとんどありませんね。


特殊技術系、商社、テレビ局で前後しているだけです。


上場を11年以上続けている企業のみが対象となっていますが、成長企業はあれど、給与に反映できるほど成長できていないのでしょうか。


また、1,000万以上が高年収の基準であるなら、現在個人で稼いでいる人が増えているため、企業で1,000万以上稼いでいる絶対数は減っていそうですね。


加えて、イノベーションが進まないテレビ局が上位にいるのは違和感があります。


テレビ局は、50代以上の高年収者が退職しないなど課題もありそうですね。


2011年以降はSNSで個人で稼ぐ時代に大きく変化していきました。


会社を「平均」で測る意味が薄れてきているように少し感じます。


アメリカや中国のランキング変化も見た上で検証したいですね。


▼まとめ

・東洋経済オンラインで過去10年の「平均年収ランキング」トップ20位に入る企業の移り変わりを調査

・対象は上場を11年以上続けている会社に限定

・データは2010年4月期~2021年3月期の有価証券報告書の単体ベースの開示を利用

・直近ではキーエンスが1751万円で再びトップに返り咲いている


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛