住宅の「電脳化」は30年も前からの構想!IoTにより普通に暮らしながら「健康」まで管理できる日も近い!

更新日:4月15日


https://newspicks.com/news/5710914/body/?ref=index&a=QIqxiaSUsM0qRrYUw8yY4Z2%2FmxR2pf1yVtYxbI62zgaQRwYEWXW%2FKtvHZNtG3rR0dlrabqti5zWk3QVm7RSL4c%2BQ%2BWN4SgBPYblr%2FL6Ijon4xYILpgygtzJmu%2FXzdiHNeLaX5NawcjxF9Qf3OGciFHIwiXnLhoQi8QDPfsByzgBbLVodvgWXkoKKRDcSHrV%2FjqBpPeqjBSD9Xui56uhyXxo8hzHnG3IR0J0c4GzW0iiMYf0ZeTNLLqhFSsBs6vZZ60gHc9NP77azx09rVBz0iAqJSCbHm4xjpjBn3Ij%2FhYJSTLhu6GXSpMmBqlex1i2KY4Vj7XXF3zzr2UB5AUEMxmh6oKAgh4aKXuVtekdu5KZPOq8UaeX0tg2Omf0s8km4&adid=Fudj


「住めば都」となる私の性格的に「快適な暮らし」についてはあまり考えたことが無い分野だけに面白い記事でした。


もう30年も前から電脳化の概念があり、IoT活用を進めていたんですね。


未来の住まいについて「健康サポート」という切り口で

《生活者の脈拍、血圧、体温などのバイタルデータを収集し、体調が悪くなると、自動的に医療機関などと連携し、医師の診察を受けられたり、処方された薬が自宅に届いたりするようなサービスを提供したい》

とありますが、人手が足りない介護施設でも活用できそうですね。


また、

《人の仕事が新しく転換していくというのは、歴史的に繰り返されてきたことです。江戸時代の移動は籠や馬で、それが自動車や鉄道、船や飛行機に変わってきました》

とありますが、これはまさにです。


私も飲食店のコンサルの仕事で先日顧客にお話ししましたが、コロナ禍で大変ではありますが、支援や補助金ありきの経営はやめましょう、ということ。


飲食店も江戸時代、明治時代、現代において流行りの業態や提供の方法は変化し続けています。


それも、現代は物凄いスピードで変化しており、今後も増々スピードを上げていくことは目に見えています。


つまり、コロナ禍の人のニーズに合わせて経営を変えていくしか生き残る方法はないため、今までのこだわりが邪魔になれば捨て、「お客様の来店は見込めない」という条件の中で、コロナ前の売上を作ることにチャレンジし続ける必要があります。


その中で、「デジタルとの融合」は切り離せません。


住宅関連の電脳化の取り組みはとてもいい勉強になりました。


▼まとめ

・住宅は所有するから「快適に暮らす」へ

・快適に暮らせれば所有、所有しないの選択肢が増える

・ただし、現場や協力会社との対話を大切にしながら、デジタル化を推し進めていく必要がある


自分の住居のことを考えてみます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え