体内や環境に”永遠に残る”化学物質「PFAS」は悪影響があるようですが、ナノテクと微生物を利用し解決を試みる研究者には脱帽です。


 

https://forbesjapan.com/articles/detail/39913/2/1/1

 


PFASという物質、初めて知りました。


人体や環境中にいつまでもとどまり体を壊していく可能性があるって恐ろしいですね。。。血液に入ると取り除く方法はないようです。


プラスティックは知られていますが、人が手を加えた「化学物質」は自然界に存在しない物質なので、自然界では分解できないことが多いのでしょうか。


アマゾンやマクドナルドはすでに自社で規制をかけ、現在は使用していない、もしくは今後使用しない取り組みを進めているところがさすがです。そういった先進的な姿勢が今後も企業の成長に繋がっていくのでしょう。


また、そういった現状に対して、ナノテクノロジーと微生物を用いて除去する研究を進めているピッツバーグ大学とニューヨーク州立大学には脱帽です。


▼まとめ

・ここ数カ月で、複数の企業が「永遠の化学物質」を排除する計画を発表

・永遠の化学物質は人体に蓄積し環境中で分解されない物質のこと

・その化学物質はPFASと呼ばる有機フッ素化合物の総称

・微生物を利用した新たな処理プロセスで除去できる可能性がある

・現在、ピッツバーグ大学とニューヨーク州立大学が解明を試みている


そのうち、国が規制を掛けることは間違いないですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実