体内や環境に”永遠に残る”化学物質「PFAS」は悪影響があるようですが、ナノテクと微生物を利用し解決を試みる研究者には脱帽です。


https://forbesjapan.com/articles/detail/39913/2/1/1



PFASという物質、初めて知りました。


人体や環境中にいつまでもとどまり体を壊していく可能性があるって恐ろしいですね。。。血液に入ると取り除く方法はないようです。


プラスティックは知られていますが、人が手を加えた「化学物質」は自然界に存在しない物質なので、自然界では分解できないことが多いのでしょうか。


アマゾンやマクドナルドはすでに自社で規制をかけ、現在は使用していない、もしくは今後使用しない取り組みを進めているところがさすがです。そういった先進的な姿勢が今後も企業の成長に繋がっていくのでしょう。


また、そういった現状に対して、ナノテクノロジーと微生物を用いて除去する研究を進めているピッツバーグ大学とニューヨーク州立大学には脱帽です。


▼まとめ

・ここ数カ月で、複数の企業が「永遠の化学物質」を排除する計画を発表

・永遠の化学物質は人体に蓄積し環境中で分解されない物質のこと

・その化学物質はPFASと呼ばる有機フッ素化合物の総称

・微生物を利用した新たな処理プロセスで除去できる可能性がある

・現在、ピッツバーグ大学とニューヨーク州立大学が解明を試みている


そのうち、国が規制を掛けることは間違いないですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え