公共交通とEVの相性は良さそう!国内初の商用電動バスが販売開始されました!


 

https://www.tvq.co.jp/news/news.html?did=2021072700000001

 

へぇ~日本でも商用の電動バスを作る会社があったんですね。


北九州市の第一交通産業さんで低価格でEVバスを導入するという記事です。


私の勝手なイメージですが、日本はEV関連の産業を諦めているのかと思っていたくらいです。


発売初年度に大きなトラブルが発生しなければ広がっていきそうですね。


よくよく考えたら、公共関連の乗り物とEVって相性良いですね。


日本ではEV車普及の難点として、充電場所が少ないことが原因です。


私用の自家用車であれば、行先により走行距離が大きく変わるため、旅先での充電場所の有無を意識しなければなりません。


しかし、バスなら行き先が決まっており、走行距離も決まっているため、バスを置いてある場所に充電器を置いて置くだけでOKですね。(充電のタイミングを計算できるため)


つまり、街中に充電場所を不特定多数に設置する必要はないということですので、相性が良さそうだなと。


ただ、毎回こういった記事を読んで思うのが、本質的な問題より目に見える問題を解決したほうが消費者ウケがいいなと。


CO2削減を考えると製造過程でEV車は大量にCO2を排出しているそうですが、実感がないため誰も気にしません。


しかし、EVを導入すると、行動レベルで変化が起きます。


ガソリンスタンドからEV充電に変わることで「社会に貢献してる」という認識を強く持てるため、CO2削減に貢献している実感が持てるのでしょう。


この分野はまだまだイノベーションが起きそうな予感がします。


▼まとめ

・価格を実現する量産型の電動バスを国内で初めて発売

・北九州市のベンチャー企業EVモーターズ・ジャパン

・全長は6.9メートル、29人乗り、販売価格は2200万円

・航続距離が3倍の230キロメートルを走行可能

・すでに地元・北九州市の第一交通産業に納入が決定している

・西鉄バスも導入を検討している


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実