冷蔵庫革命が待っているかもしれません!庫内の鮮度を一括管理できるでしょうか。


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/23/news062.html

 

ディープラーニングですね。


アボカドの食べごろをスマホカメラで評価できるようになるという記事です。


最初、これになんの意味があるのか分かりませんでした。。。


技術的にはスマホでアボカドを写すだけで成熟度合いが分かるので、確かに便利ですが、そもそもアボカドを調理する割合はものすごく少ないです。


つまり、開発に成功しても利用者が少ないため役に立たないのでは、と思いました。


しかし、よくよく考えてみると、メロンやスイカ、野菜関連にも応用できる可能性があります。


もし、実現できれば、冷蔵庫にAI解析ができる小型カメラを内蔵し、冷蔵庫に入っている野菜の鮮度を数値化して料理する優先順位を決める、など多岐にわたりそうですね。


また、実現は難しいと思いますが、飲食店の厨房内管理も全て自動できれば、人手の負担も減らせそうです。


というのも、最近10年ぶりに冷蔵庫を購入しましたが、冷蔵庫の機能が昔とさほど変わらないなぁと思ったところでした。


革新的な機能がでれば、ぜひ利用してみたいものです。


▼まとめ

・中京大学 濱川研究室の研究チームは、アボカドの食べ頃の見極めを支援する深層学習モデル搭載のスマートフォンアプリを開発した

・追熟段階を3つのパラメーター(未熟、食べ頃、過熟)で自動評価する


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実