冷静に考えると自分が熱狂できない事業は成功しない説はやはり正しそうですね。


 

https://nordot.app/819319623504576512?c=113147194022725109

 

なるほど、面白いですね、鉄板の取り組みです。


ジャンカラさんから生まれた新カラオケBOXは尖りすぎているとSNSで話題だという記事です。


シンプルに「自分が熱狂できない事業は失敗、もしくは継続的な事業にならない」という説に沿っているだけではあります。


従来のコモディティ化した場所「カラオケBOX」からの脱却を図る場合の失敗パターンとして、


①従業員からアイディアを募集

②上役がアイディアをまとめて多数決を取る

③決まったアイディアの性質が近い部署の管理職がプロジェクトリーダーとして進める


でしょうか。


景気が良いときは何しても売上は上がります。


そのため、アプトプット作品が駄作でも黒字化は可能です、


しかし、現在ではそうはいきません。


サービスで溢れた世界ではニーズが多岐にわたり、狭く深くなっています。


今回は新卒の方が仕事に熱狂できる環境を提供できた企業の勝ちなのでしょう。


あとの売り方に関しては年配者の知識も含めて取り組んでいけば必ず成功します。


なぜなら、事業主と同じ感性を持っている人間は少なからず存在しており、その人に届けるだけですので、理論値で叩いても赤字にはなりにくいものです。


なので、今回の記事の内容は鉄板の手法となるのです。


▼まとめ

・百万遍に10月1日にオープンしたカラオケ店「ジャジャーンカラ京大BOX店」があまりに尖りすぎてSNSで話題

・店内はサイバーパンクをテーマにデザインされた

・備え付けの拡声器で歌う集会ルームの様子を紹介したTwitterが1万リツイートを超えるなどネットで話題となった


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛