創業120年以上の印刷屋が「オリジナル高品質4K映像」の最新テクノロジー技術を持っていることに感服です!


 

https://techable.jp/archives/149648

 

凸版印刷さんって物凄く先進的取り組みをされているんですね。


印刷業界の最大手のイメージしかありませんでした。創業120年以上の企業ですがめっちゃベンチャー気質な面も持ち合わせていらっしゃるんですね。


私が会社員として勤めている会社は紙媒体で「紙の資源」を利用しているからか、「SDGs」に基づく取り組みや宣言を全くしていないんですよね。そういった意味でも、凸版印刷さんは、持続可能な社会の実現に向けて、SDGsが示す社会課題の解決も積極に行っており、紙関連の仕事をしている者として脱帽です。


▼凸版印刷

 

https://www.toppan.co.jp/ir/management/policy.html

 

本題です。『人は自然と触れ合うことで健康や幸せを得られる』という「バイオフィリア」という概念があるんですね。


私、朝にランニングをしていましたが、膝の調子が悪くなったため、最近ウォーキングに変えました。


ウォーキングに変えたところ、ランニングでは得られなかった「心の豊かさ」を感じています。要因はいくつかあるとは思いますが、街の風景や空気や音、すべての自然をありのままに受け入れてられているため、「バイオフィリア」の概念に当てはまっているのかもしれません。


▼まとめ

・日本初の4Kスローテレビチャンネル「ナチュラルウィンドウチャンネル」の試験放送を開始

・凸版印刷、ブロードバンドタワー、ジャパンケーブルキャストの3社

・最近、「バイオフィリック・デザイン」が世界的な広がりを見せている

・「おうち時間」が長くなる環境下で、人が快適に過ごせる空間をつくるため

・4K放送の特徴である臨場感を活かす

・実証実験などを2019年3月から行っていた


この勢いであまり興味が無かった「山登り」や「キャンプ」に興味が向きました、笑


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生