双日さんの新規プロジェクトの裏側は「パッション」で満ちていました!強い企業には理由があるものです!


https://newspicks.com/news/5952096/body/?ref=index&a=QIqxiaSUsM0qRrYUw8yY4b75%2FrgVVIvkjk4WkjbrRiOJIvmETo8x0eG5xnZ8kXCudG2rBcX0R7ik3QVm7RSL4c%2BQ%2BWN4SgBPYblr%2FL6Ijon4xYILpgygtzJmu%2FXzdiHNyYODanO5aj95GIuwRVAJk3IwiXnLhoQi8QDPfsByzgBbLVodvgWXkoKKRDcSHrV%2FjqBpPeqjBSD9Xui56uhyXxo8hzHnG3IR0J0c4GzW0iiMYf0ZeTNLLqhFSsBs6vZZ60gHc9NP77azx09rVBz0iAqJSCbHm4xjpjBn3Ij%2FhYJSTLhu6GXSpMmBqlex1i2KY4Vj7XXF3zxjnyAGZJjYw1mq5r4ujmYjXuVtekdu5KZPOq8UaeX0tg2Omf0s8km4&adid=xjN9


やっぱり強い企業は強い理由があるものですね。


双日さんの新規事業の組み上げ方についての記事です。


まず、「我が社でやる意味」を考えること自体、現代の新規事業開発には必要ないかもしれないと痛感しました。


なぜなら、情報が民主化された今、そもそも自社でやる意味を考えている間に、別の企業がローンチしてしまう可能性があります。


また、「我が社でやる意味」を考えると、アイデアはどうしても会社の枠にハマってしまいますし、顧客ニーズと微妙にズレてしまうものです。


結局のところ、顧客の価値を創造できることが重要です。


にしても、双日さんがプレゼン内容をこれだけOPENにするって自信があるのでしょうね。(誰も行動できないでしょ的な)


▼まとめ

・2019年に藤本社長発案で発足したプロジェクト

・新規事業を“絵に描いた餅”で終わらせない

・ 1年間かけて磨き上げてきた事業の構想を披露

・成功するかしないかは本人たちに『会社を辞めてもこの事業がやりたい』と思えるほどのパッションがあるかどうか


発表者の熱い表情に好感が持てます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え