双日さんの新規プロジェクトの裏側は「パッション」で満ちていました!強い企業には理由があるものです!


 

https://newspicks.com/news/5952096/body/?ref=index&a=QIqxiaSUsM0qRrYUw8yY4b75%2FrgVVIvkjk4WkjbrRiOJIvmETo8x0eG5xnZ8kXCudG2rBcX0R7ik3QVm7RSL4c%2BQ%2BWN4SgBPYblr%2FL6Ijon4xYILpgygtzJmu%2FXzdiHNyYODanO5aj95GIuwRVAJk3IwiXnLhoQi8QDPfsByzgBbLVodvgWXkoKKRDcSHrV%2FjqBpPeqjBSD9Xui56uhyXxo8hzHnG3IR0J0c4GzW0iiMYf0ZeTNLLqhFSsBs6vZZ60gHc9NP77azx09rVBz0iAqJSCbHm4xjpjBn3Ij%2FhYJSTLhu6GXSpMmBqlex1i2KY4Vj7XXF3zxjnyAGZJjYw1mq5r4ujmYjXuVtekdu5KZPOq8UaeX0tg2Omf0s8km4&adid=xjN9

 

やっぱり強い企業は強い理由があるものですね。


双日さんの新規事業の組み上げ方についての記事です。


まず、「我が社でやる意味」を考えること自体、現代の新規事業開発には必要ないかもしれないと痛感しました。


なぜなら、情報が民主化された今、そもそも自社でやる意味を考えている間に、別の企業がローンチしてしまう可能性があります。


また、「我が社でやる意味」を考えると、アイデアはどうしても会社の枠にハマってしまいますし、顧客ニーズと微妙にズレてしまうものです。


結局のところ、顧客の価値を創造できることが重要です。


にしても、双日さんがプレゼン内容をこれだけOPENにするって自信があるのでしょうね。(誰も行動できないでしょ的な)


▼まとめ

・2019年に藤本社長発案で発足したプロジェクト

・新規事業を“絵に描いた餅”で終わらせない

・ 1年間かけて磨き上げてきた事業の構想を披露

・成功するかしないかは本人たちに『会社を辞めてもこの事業がやりたい』と思えるほどのパッションがあるかどうか


発表者の熱い表情に好感が持てます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛