各分野で「エシカル消費」が広がっています!今後マーケットが広がれば参入企業も増えそうですね!


 

https://this.kiji.is/764955926960029696?c=113147194022725109

 

少しずつ広まってきていますね。


「エシカル消費」について、倫理性が優先されてきたという記事です。


「エシカル消費」とか表現するとハードルが高いことをやっている感ありますね。


結局のところ、顧客ニーズがある、ということです。


例えば、内食を購入する際「パックを持参用意して行き、さらに割高で、帰ってから洗い物が残る」は嫌な人が多かった。


現在は「有限な資源を大切にするためだったら、手間を掛けてもよい」というニーズが増えた。


もちろん、倫理性の面で動いている方もいらっしゃれば、シンプルに「いいね」と思い行動する方もいらっしゃる。


では、大量消費、大量廃棄時代の方が倫理面を考えない人かと言えば、そうではありません。


昭和の時代は昭和の時代で、よりよい社会づくりのためには、会社に尽くし一生懸命働くことであり、結果、大量消費、大量廃棄に繋がる側面もあったというだけのことなんだと思います。


一昔前まで、コンビニでは、おにぎりや弁当の在庫が少ないだけで、お客様からクレームを受ける上に、目に見えて客数が減少していきました。


真面目なオーナーほどお客様のために一生懸命在庫を揃えて大量廃棄を出す傾向がありました。


損得抜きの「お客様のため」という想いまで否定してはいけないな、と思います。


つまり、記事の題目にあるように、昔の方が倫理性を捨てて、損得だけのために動いていた、というわけではなということです。


上記を踏まえて、今後も「エシカル消費」の輪が広がる活動を応援したいと思います。


▼まとめ

・食品ロスやごみ削減に配慮した食べ物を選ぶ、衣類をリユースするなど、私たちにもできることがある

・エシカル消費の輪は、ファッションの世界にも広がっている

・衣類の穴や染み、ほつれなどをカラフルな色糸で繕う欧州伝統の「ダーニング」が話題


今後が楽しみな話題です。


荒井智也note:https://note.mu/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生