同じ「種」は助け合うことが当たりまえ!まずは自分が影響できる範囲で「貧困問題」について取組んでいきます!


https://ampmedia.jp/2021/03/31/child-poverty_event-report/


解決したいですね。


以前、相対的貧困の記事をpickしましたが、日本での現状をリアルに知ると問題の根深さに気づかされます。


日本での相対的貧困とは、収入などから税金や社会保障費などを引いた金額が「122万円未満の可処分所得の世帯」の事を指します。


▼相対的貧困

https://gooddo.jp/magazine/poverty/asia_poverty/japan_poverty/4455/


そして、統計上「日本の子供の貧困率は13.5%、ひとり親家庭だと48.1%となっており、OECD加盟国のなかでも高い状態」ということです。


つまり、日本国の全世帯約5699万世帯のうち

・約770万世帯は122万円未満の可処分所得

・そのうち約370万世帯がひとり親家庭

となります。


私、20代に音楽活動をしていた頃、年収は150万くらいでしたが、だいぶキツかったですので、子供を抱えながら122万は相当厳しい生活ですよね。


学校の授業は無償化が進んでいるとはいえ、制服代、給食費、修学旅行の積み立てなど、年間支出はそこそこの額になります。


そして、貧困は社会構造の問題です。


弱肉強食とは生物の「種」の半話で、人間同士は「同種」として助け合い、繁栄を目指す必要があります。


救うためのプロジェクトを立ち上げます。


▼登壇者 ※動画あります

・ライオン株式会社 サステナビリティ推進部長 小和田みどり氏

・日本ロレアル株式会社 ヴァイスプレジデント コーポレートコミュニケーション本部 本部長 楠田倫子氏

・特定非営利活動法人キッズドア 理事長 渡辺由美子氏

・ジャーナリスト・キャスター 堀潤氏


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え