同じ「種」は助け合うことが当たりまえ!まずは自分が影響できる範囲で「貧困問題」について取組んでいきます!


 

https://ampmedia.jp/2021/03/31/child-poverty_event-report/

 

解決したいですね。


以前、相対的貧困の記事をpickしましたが、日本での現状をリアルに知ると問題の根深さに気づかされます。


日本での相対的貧困とは、収入などから税金や社会保障費などを引いた金額が「122万円未満の可処分所得の世帯」の事を指します。


▼相対的貧困

https://gooddo.jp/magazine/poverty/asia_poverty/japan_poverty/4455/


そして、統計上「日本の子供の貧困率は13.5%、ひとり親家庭だと48.1%となっており、OECD加盟国のなかでも高い状態」ということです。


つまり、日本国の全世帯約5699万世帯のうち

・約770万世帯は122万円未満の可処分所得

・そのうち約370万世帯がひとり親家庭

となります。


私、20代に音楽活動をしていた頃、年収は150万くらいでしたが、だいぶキツかったですので、子供を抱えながら122万は相当厳しい生活ですよね。


学校の授業は無償化が進んでいるとはいえ、制服代、給食費、修学旅行の積み立てなど、年間支出はそこそこの額になります。


そして、貧困は社会構造の問題です。


弱肉強食とは生物の「種」の半話で、人間同士は「同種」として助け合い、繁栄を目指す必要があります。


救うためのプロジェクトを立ち上げます。


▼登壇者 ※動画あります

・ライオン株式会社 サステナビリティ推進部長 小和田みどり氏

・日本ロレアル株式会社 ヴァイスプレジデント コーポレートコミュニケーション本部 本部長 楠田倫子氏

・特定非営利活動法人キッズドア 理事長 渡辺由美子氏

・ジャーナリスト・キャスター 堀潤氏


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実