国内の自販機の数が10年で激減!日本の景気をそのまま表しているのでしょうか。


 

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2106/23/news032_3.html

 

自販機ってかなり進化しているんですね。


日本の自販機の数が減ってきているという記事です。


記事内で驚いたのは、アメリカではラーメンやうどんなどの麺類も自販機で購入できるとのことです。


IoT面でもアメリカは進んでおり、アプリのみで購入できる仕組みが広がっており、現金を扱わない自動販売機が普及しているとのことです。


外国人旅行客の話で「日本は道にお金が置いてある」など聞いたことがありますが、確かに町中に一定のお金が入った箱がいたるところに置いてある環境って凄いですね。


結論として、減少の要因は「人口減」と「コンビニコーヒー」だそうです。


コンビニコーヒーは10年前も十分普及していましたし、人口減に関しても今回は当てはまるのでしょうか。


ゲリラ的に飲料を飲む行為って、ある程度裕福な必要があると思います。


計画的にタバコと一緒に買う場合もありますが、喫煙率の減少で飲む人は減っています。


つまり、景気が衰退しており、中間層の「節約志向」が一番大きな要因に感じました。


▼まとめ

・「日本は世界一の自販機大国」というイメージは海外ではメジャー

・普及台数では米国に及ばないものの、人口比にすると世界一の多さ

・温かい飲料と、冷たい飲料が一つの自販機で売られるなど、高い技術力がある

・自販機は日本の技術力や豊かさを体現しているサービス

・治安の良さや、日本人の民度の高さを象徴した「文化」といった側面もある

・この10年でなんと116万台が消えた

・本質的には「人口減少」


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し