地球のどこへでも1時間内で行くことが当たり前に!?なるのでしょうね!


 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082800160&g=int

 

これは興味深いですね。


宇宙船を利用すると地球のどこへでも行けるようになるという記事です。


きっと実現してしまうのでしょう。


そうなると、時間がかかる=遠い、から旅行の価値が下がるのではないか、とも考えました。(お金の問題は別として)


しかしながら、今となっては、地方から東京までの距離が縮めば縮むほど、リモートワークが進むように、世界規模でリモートワークが可能になるのかもしれません。


また、旅行の価値に関しては、時間をかけていきたい人は行くだけですので、旅行自体の価値は下がらなさそうですね。


別件、誰もが最初に誰もが思いつくこととして、乗るまでの時間を加味すると飛行機と変わらない説があるでしょうか。


宇宙服?や乗り方のレクチャー?など飛行機とは違う仕組みが存在するはずで、結果、ドア to ドアの時間は飛行機とあまり変わらないかもしれません。


国内の行き来についても、新幹線に飛び乗れば、新幹線の方が早く目的地へ到着する場合も多くあります。


ただ、1度は乗ってみたいですね。宇宙の小旅行もできますし。


▼まとめ

・米企業が宇宙空間の活用に力を入れている

・ペースXはこの他、宇宙経由で地球上を1時間以内に移動できるサービスも計画

・実現すれば東京から30分足らずでシンガポールに行ける


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛