墓地までバーチャルに!30年後まで想いを残せるクリエーター向けの今はニッチな取り組みです!


https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2105/20/news119.html


へぇ~墓地までデジタル化出来るんですね。


芸大初のベンチャー企業が会員制バーチャル墓地サービス「viz PRiZMA」を発表した、という記事です。


まず、ワークショップに参加して作品を作り、バーチャル空間上に展示する準備をしておく。


死後、30年間は代理人が企業へ連絡し、スマートフォンから作品に触れられる、ということです。


アートの部分でどういったものなのかボヤっとしていたので、HP等調べてみましたが、「「瞳(虹彩データ)」由来のアート作品」ということまでしか分かりませんでした。。。


▼サービス概要

https://www.viz-prizma.com/detail


私は芸術に疎いので、残された側としては作品を理解できるのか、例えば親の想いは感じれるのか、謎な部分もありますが、おそらく残す側の想いの方が大事なのでしょう。


ビジネスモデルとしても、1000人分(5億円)のお墓を管理する場合、リアルと比べると、バーチャル墓地は手間はかからず1人?でも管理できそうなため、ニッチな需要としては単価が高く利益は出せそうですね。


▼まとめ

・開発は東京藝術大学発のベンチャーeach tone(東京都豊島区)

・会員制バーチャル墓地サービス「viz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)を発表

・会員が虹彩データから作ったアート作品を他界後にバーチャル空間に展示

・家族や子孫がスマートフォンなどから時間や場所を気にせずアクセスできる

・作品はブロックチェーンに記録


一度、他の方の作品例を見てみたいですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え