墓地までバーチャルに!30年後まで想いを残せるクリエーター向けの今はニッチな取り組みです!


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2105/20/news119.html

 

へぇ~墓地までデジタル化出来るんですね。


芸大初のベンチャー企業が会員制バーチャル墓地サービス「viz PRiZMA」を発表した、という記事です。


まず、ワークショップに参加して作品を作り、バーチャル空間上に展示する準備をしておく。


死後、30年間は代理人が企業へ連絡し、スマートフォンから作品に触れられる、ということです。


アートの部分でどういったものなのかボヤっとしていたので、HP等調べてみましたが、「「瞳(虹彩データ)」由来のアート作品」ということまでしか分かりませんでした。。。


▼サービス概要

https://www.viz-prizma.com/detail


私は芸術に疎いので、残された側としては作品を理解できるのか、例えば親の想いは感じれるのか、謎な部分もありますが、おそらく残す側の想いの方が大事なのでしょう。


ビジネスモデルとしても、1000人分(5億円)のお墓を管理する場合、リアルと比べると、バーチャル墓地は手間はかからず1人?でも管理できそうなため、ニッチな需要としては単価が高く利益は出せそうですね。


▼まとめ

・開発は東京藝術大学発のベンチャーeach tone(東京都豊島区)

・会員制バーチャル墓地サービス「viz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)を発表

・会員が虹彩データから作ったアート作品を他界後にバーチャル空間に展示

・家族や子孫がスマートフォンなどから時間や場所を気にせずアクセスできる

・作品はブロックチェーンに記録


一度、他の方の作品例を見てみたいですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛