墓地までバーチャルに!30年後まで想いを残せるクリエーター向けの今はニッチな取り組みです!


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2105/20/news119.html

 

へぇ~墓地までデジタル化出来るんですね。


芸大初のベンチャー企業が会員制バーチャル墓地サービス「viz PRiZMA」を発表した、という記事です。


まず、ワークショップに参加して作品を作り、バーチャル空間上に展示する準備をしておく。


死後、30年間は代理人が企業へ連絡し、スマートフォンから作品に触れられる、ということです。


アートの部分でどういったものなのかボヤっとしていたので、HP等調べてみましたが、「「瞳(虹彩データ)」由来のアート作品」ということまでしか分かりませんでした。。。


▼サービス概要

https://www.viz-prizma.com/detail


私は芸術に疎いので、残された側としては作品を理解できるのか、例えば親の想いは感じれるのか、謎な部分もありますが、おそらく残す側の想いの方が大事なのでしょう。


ビジネスモデルとしても、1000人分(5億円)のお墓を管理する場合、リアルと比べると、バーチャル墓地は手間はかからず1人?でも管理できそうなため、ニッチな需要としては単価が高く利益は出せそうですね。


▼まとめ

・開発は東京藝術大学発のベンチャーeach tone(東京都豊島区)

・会員制バーチャル墓地サービス「viz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)を発表

・会員が虹彩データから作ったアート作品を他界後にバーチャル空間に展示

・家族や子孫がスマートフォンなどから時間や場所を気にせずアクセスできる

・作品はブロックチェーンに記録


一度、他の方の作品例を見てみたいですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し