売上規模が小さいだけで「参入障壁」になる!ニッチで小さい市場に可能性があるかもしれません!


https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2104/20/news123.html


なかなか直球な名称でついつい読んでしまいました。


アプリ開発のベンチャー企業が「人間関係」というアプリを開発してそうです。


先日、とある社長とレイヤーの話になり「マス寄りで市場規模が大きくなる商売は成功しない」とおっしゃっていました。


確かに、ニッチでかつ利益が1,000万円前後までしかスケールしない市場には(いまのところ)大手は参入してきません。(スキマ産業とは違います)


私はプロダクトを考える際、参入障壁をどう築くかを最近よく考えていますが、スケールしないことは大きな障壁だなと。


今回の記事の「人間関係をよくするアプリ」は機能面は別として、ニッチで市場は小さいため、非常に面白いですね。(収益がでるかは予測できませんが)


今後もスケールしないアプリが増え続け、あと3年くらいでアプリ開発で稼ぐ時代は終わりそうですね。


YouTuberが稼げなくなる理論に近しいです。


▼まとめ

・アプリ開発ベンチャーのbondavi(神奈川県)は4月20日、友達が少ないという同社社長が開発

・登録できる友人の数は多くても20人

・誕生日の通知が来る

・戸田社長は記念日に「寂しそう」で、同じような人のために開発した


にしても、ここの会社さん、面白いですね。

好きかも、笑


▼bondavi社

https://bondavi.jp/about#member


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ