売上規模が小さいだけで「参入障壁」になる!ニッチで小さい市場に可能性があるかもしれません!


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2104/20/news123.html

 

なかなか直球な名称でついつい読んでしまいました。


アプリ開発のベンチャー企業が「人間関係」というアプリを開発してそうです。


先日、とある社長とレイヤーの話になり「マス寄りで市場規模が大きくなる商売は成功しない」とおっしゃっていました。


確かに、ニッチでかつ利益が1,000万円前後までしかスケールしない市場には(いまのところ)大手は参入してきません。(スキマ産業とは違います)


私はプロダクトを考える際、参入障壁をどう築くかを最近よく考えていますが、スケールしないことは大きな障壁だなと。


今回の記事の「人間関係をよくするアプリ」は機能面は別として、ニッチで市場は小さいため、非常に面白いですね。(収益がでるかは予測できませんが)


今後もスケールしないアプリが増え続け、あと3年くらいでアプリ開発で稼ぐ時代は終わりそうですね。


YouTuberが稼げなくなる理論に近しいです。


▼まとめ

・アプリ開発ベンチャーのbondavi(神奈川県)は4月20日、友達が少ないという同社社長が開発

・登録できる友人の数は多くても20人

・誕生日の通知が来る

・戸田社長は記念日に「寂しそう」で、同じような人のために開発した


にしても、ここの会社さん、面白いですね。

好きかも、笑


▼bondavi社

https://bondavi.jp/about#member


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり