大軽井沢経済圏でインフレスパイラルの好事例!「酒ツーリズム」から学ぶ、自分の「価値」を見出すことの大事さ!


https://forbesjapan.com/articles/detail/40958/1/1/1


酒ツーリズム、地の利を生かした参考になる取り組みですね。


大軽井沢経済圏で地元資産をフル活用し、SDGsと絡めてプロモーションをかけ、地方経済の活性化を進めているという記事です。


まず、コンテンツの組み立て方がシンプルでアウトプットにセンスを感じます。


例えば、長野県文化と健康と美食/お酒。


「味噌・漬物など発酵食品文化」=食

「発酵は健康長寿」=健康

「千曲川ワインバレー」=お酒


を組み合わせて「ガストロノミーツアー」を考案しているところなど、ネーミングセンス含め素敵ですね。


さらに、食に対してSDGsをかぶせています。


また、記事には客層のターゲットの話はでていませんが、間違いなく年配者の富裕層を狙っています。


なぜなら


・長野県の観光旅行者数は1991年をピークに減少傾向にある

・観光消費額も長野オリンピック開催の1998年をピークに減少している


ということは、30年前に軽井沢を楽しんでいた人は現在60歳~70歳です。


昔の軽井沢で楽しい「体験」があり、体も元気でお金や時間に余裕が出てくる世代に刺さるコンテンツ、というより刺しにいっているコンテンツなのでしょう。


私も地方創生事業に参加していますが、地元住民は自分たちの価値に気づいていないことを多々感じます。


大軽井沢経済圏では地域一体となって自分たちの価値を見出し活動しているため、現場の雰囲気もよく旅行者も楽しめる環境になっているのではないでしょうか。


ビジネス面でも薄利で面を広げるか、高利で満足度を高めるか、どちらかの選択しか残っていません。中途半端では売上も利益もスケールしないです。


つまり、大軽井沢経済圏のモデルはインフレスパイラルの事例になりそうですね。


課題は、生産量と販路・認知度の拡大とのこと。


顧客ニーズは細分化されるため、プロモーションは今後もより重要性は増してきます。


▼まとめ

・ワイン産業は軽井沢地方に新たな経済発展や新しいライフスタイルをもたらした、SDGsでいくとNo.8, 9, 11に該当

・持続可能な農業展開で大きく地球環境にも寄与する、SDGsでいくとNo.13, 14, 15に該当

・軽井沢をゲートウェイとして周辺エリア(経済圏)が連携することは極めて重要

・国内屈指の標高2000メートルで高地トレーニング合宿ができるスポーツの誘致ができることもポイント


千葉県でもいろいろ考えてみます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足