小売業の次世代型店舗を目指す!業務スーパーの企業姿勢がいつも勉強になります!


 

https://www.asahi.com/articles/ASP8T61RPP8SPLFA007.html

 

業務スーパー、攻めますね~。


業務スーパーがソフトバンクと次世代型店舗を目指してITを駆使しているという記事です。


お客様が商品情報をタブレットで知れること、セルフレジ、店内カメラで商品の欠品状況を自動で店員に知らせること、AI解析でリアルタイムに顧客分析すること、などは、技術的には特に難しいことではありません。


ただ、現状を脱却する、もしくは将来の投資として、積極的に導入することが避けられています。


冷静に考えれば、人件費対効果でみれば、確実に導入コストは回収できるはずです。


年配者が利用できな問題も、いざ導入すると大半が適応し、ほんの一部のイレギュラー対応で済みます。


コロナ後、こういった対策を打てるか否かで存続を左右することでしょう。


業務スーパーさんは業績がよいため資金があり投資できるのではなく、小さな改革を含め、常に改革してきたことでお金が集まってきました。


業務スーパーさんの企業姿勢、取り組みは参考になります。


▼まとめ

・神戸物産がソフトバンクと連携しITを駆使した「次世代型スーパー」の実験店舗を大阪市にオープンする

・入り口にタブレット端末がついたショッピングカートが約30台並び、天井などには40台のカメラや通信端末が取り付けられている


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実