小学生のアイデアが形に!トータルで考えると紙ストローより環境負担が少なそうです!


 

https://tabi-labo.com/300778/wt-mitsuura-stroll

 

へぇ~小学生が考えた案が商品化されたんですね。


巻いて使う画期的なシート製ストローが発売されたことに関する記事です。


素材はプラスチックなので、脱プラスチックとはいきませんが、まずは減プラからということですね。


確かに、脱プラのために紙のストローを提供しているところもありますが、結局は全部捨ててしまいます。


紙も大事な資源ですので、なるべく消費しないほうがいい。


そうなると、年間200本のプラスチックを捨てるのか、紙を捨てるのか、1本のプラスチックを利用するのか、と考えた場合、1本のプラスチックを利用したほうが、圧倒的に環境に良いですよね。


気になるところは、使用した後、飲み物が付いた状態で広げて、どのように持ち歩けるかですね。


1日2回、3回と利用する場合でも手軽に利用できる仕組みがあるといいなと。


▼まとめ

・小学生の自由研究から画期的なシート製のストロー「STROLL_01」が誕生

・1枚のシートを自分で巻いて円筒状にして使用

・環境へのやさしさとつくる楽しさを兼ね備えたエコストロー

・特許出願、1年以上の開発期間を経て商品化



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

『STROLL_01』

【価格】594円(税込)

【カラー】4色(NAVY , MAUVE PINK , KUMIKO ORANGE , KUMIKO GREEN)

【材質】PET、PE

【販売】「光浦醸造」オンラインショップで先行販売中2021年7月1日(木)より一般小売り販売を開始予定

▼https://mitsuura.jp/wp/stroll/

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛