小規模マーケティングの賜物ですね!問題をシンプルな対策で解決する発想も勉強になります。


https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2103/01/news025_4.html


問題のボトルネックをシンプルに解決していて、とても勉強になります。


ビジネス視点でも、コロナ禍で不調のアパレルで開店1カ月目で黒字化という結果も残しています。


勝因として「営業時間外の顧客」を取り込めていることではないでしょうか。


Amazonの「ロングテール戦略」を「顧客」に置き換えたような戦略で、たとえ客数が少なくても、「他店が営業していない時間帯の顧客」を掴むことで黒字化を実現できているのではないかと勝手に予想しています。


▼Amazonも活用しているロングテール戦略

https://ds-b.jp/media/pages/104/


服を選ぶ際、店員の「接客」が苦手な方も結構いますので、そのニーズもキャッチできそうです。


人件費「0」を最大限生かした戦略ですね。


また、店内の仕組みとして「連絡帳の活用」など人がいなくても距離が縮まる仕組みも素敵です。


▼まとめ

・商品選びから試着、精算まで人と接触せずに完結できる

・2020年8月にオープンし、開店1カ月目から黒字を達成

・現在も月に約300人が購入

・500~5000円の商品約300着を揃えている

・商品はハンガーの色で分ける(白は500円、グレーは1000円など)

・清算は券売機でチケットを購入する形式を採用

・防犯面は撮影した動画を店内のモニターに映してお客に見えるように工夫し道路に面する壁もガラス張り

・お客と直で会話ができないデメリットは「連絡帳」を設置


立地選定など小規模マーケティングも非常に勉強になります。


兎にも角にもシンプルイズベストですね。


-------

dharman(ダルマン、東京都文京区)

代表 平野泰敬さん

-------


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

状況が明確になれば一つずつ対処し未来を作ることに集中していきましょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2230G0S1A920C2000000/?unlock=1 リアルな数字が出ました。 コロナ禍で4.5万件の飲食店が閉店したという記事です。 政府の対応が飲食店に対して極端だったように個人的には感じますが、時代によって生き残る産業と生き残れない産業があります。 コロナ禍以降、飲食店のニーズが減れば、市場は縮小し、飲食店

「良いものは売れる」という時代はとっくに終わり、クオリティ以外の部分を描いてビジネスができるかどうかが重要です。

https://www.businessinsider.jp/post-243858 へぇ~すごく面白い取り組みですね。 4人の女性が移動しながら宿泊できる2階建てバスをリノベーションし、旅行プランナーとして商売を始めたという記事です。 内装からなにから全て4人で手掛けて行ったようですが、バス内を写真で見る限り、クオリティがかなり高いです。 人件費がかからないとはいえ、そこそこ投資は必要だったので

マクドナルドの強みは常に先行利益を獲得し続けている部分であり、代替肉分野に関しても同じことが起こるのでしょう。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500169&g=int 少しずつ進んでいるようですね。 米マクドナルドで代替肉バーガーが試験販売されているという記事です。 代替肉バーガーの試験販売はもうだいぶ前から行われていますが、本当にゆっくり進めていますね。 というより、将来を見据えて着実に進めているという感じでしょうか。 例えば、モスバーガーやロッテリア、