広告は今まで以上に「顧客セグメント」が重要!紙媒体の方が売上が伸ばせる店舗も多くあるかもです!


 

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2104/17/news012.html

 

しまむらさんがTVCMの予算を0円にするという記事です。


私はTVを全く見ない(時間的に見れない)人ですが、逆にしまむらさんはTVCMを継続していたのですね。


この話、シンプルに行動ターゲティングの話かと思います。


例えば、ジャパネットたかたさんはTVCMは横ばいとのこと。


10年前のデータでは、パソコンの購入者は40代以上が83%、10年後の現在では50代以上となります。


▼参考記事

https://getnews.jp/archives/297549


上記の世代は「テレビを見て即決し購入する」という行動が取れる世代です。


ちなみに私は40代ですが絶対にそんな行動できません、笑


つまり、ターゲット層の「行動様式」が全く違うためです。


顧客のニーズは年々細分化していますため、販促の手法ではなく自社の顧客セグメントとターゲティングをいかに強化できるかが大事です。


逆言えば、まだまだチラシ配布などの紙媒体で売上を上げられる企業も多くあるのではないかと思います。


▼データドリブンなワークマン

https://note.com/tomoya0725/n/n1f1723752190


▼まとめ

・しまむらがテレビCMの広告費を「0」へ

・WEB媒体は数値化されることで「不評の的」にもなりかねない

・確かな情報を元に広告発信の構造を変革すべき


最後は「うちはうち、よそはよそ」ですね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛