情報の届け方は実に大事です。顧客ニーズを把握したら「届け方」に拘りましょう。


https://nordot.app/817864690310823936?c=113147194022725109


へぇ~こういった取り組みを続けているんですね。


宮城の仙台で環境保全米の新米の美味しさをPRしているという記事です。


そもそも、オフラインの発表だけでは弱いのでは、思いましたがTwitterなどでも発信しているんですね。


▼みちのく仙台ORI☆姫隊きらめくハート令和3年環境保全米ササニシキORI☆姫米発売!!

https://twitter.com/ORIHIMETAI


お菓子や飲料などの食品は、昔のように新商品がコンスタントに売れなくなってきました。


お米は品種や新種の美味しさにあきらかな差がつくものなのでしょうか。


また、世の中に安くてそこそこ美味しいものが溢れてしまいました。


つまり、コメの品種の違いでエンドユーザーが左右することも少なくなってきたのではないでしょうか。


PR方法もなんだか50年前から変わらない雰囲気ですし。


上記を踏まえてお米の在り方やPR手法は少し考えた方がいいのかもしれませんね。


そう考えるとお米の顧客ニーズってどこまで詳細に取れているのでしょうか。


ちょっと気になってきました、笑


▼まとめ

・宮城県内で栽培された環境保全米の新米発表会を開催

・台市青葉区の県農協ビルであり、県内の農協関係者ら約40人が出席

・別室のみやぎライシーレディが県産の「ひとめぼれ」「ササニシキ」などを使ったおにぎりを試食


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

状況が明確になれば一つずつ対処し未来を作ることに集中していきましょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2230G0S1A920C2000000/?unlock=1 リアルな数字が出ました。 コロナ禍で4.5万件の飲食店が閉店したという記事です。 政府の対応が飲食店に対して極端だったように個人的には感じますが、時代によって生き残る産業と生き残れない産業があります。 コロナ禍以降、飲食店のニーズが減れば、市場は縮小し、飲食店

「良いものは売れる」という時代はとっくに終わり、クオリティ以外の部分を描いてビジネスができるかどうかが重要です。

https://www.businessinsider.jp/post-243858 へぇ~すごく面白い取り組みですね。 4人の女性が移動しながら宿泊できる2階建てバスをリノベーションし、旅行プランナーとして商売を始めたという記事です。 内装からなにから全て4人で手掛けて行ったようですが、バス内を写真で見る限り、クオリティがかなり高いです。 人件費がかからないとはいえ、そこそこ投資は必要だったので

マクドナルドの強みは常に先行利益を獲得し続けている部分であり、代替肉分野に関しても同じことが起こるのでしょう。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500169&g=int 少しずつ進んでいるようですね。 米マクドナルドで代替肉バーガーが試験販売されているという記事です。 代替肉バーガーの試験販売はもうだいぶ前から行われていますが、本当にゆっくり進めていますね。 というより、将来を見据えて着実に進めているという感じでしょうか。 例えば、モスバーガーやロッテリア、