情報の届け方は実に大事です。顧客ニーズを把握したら「届け方」に拘りましょう。


 

https://nordot.app/817864690310823936?c=113147194022725109

 

へぇ~こういった取り組みを続けているんですね。


宮城の仙台で環境保全米の新米の美味しさをPRしているという記事です。


そもそも、オフラインの発表だけでは弱いのでは、思いましたがTwitterなどでも発信しているんですね。


▼みちのく仙台ORI☆姫隊きらめくハート令和3年環境保全米ササニシキORI☆姫米発売!!

https://twitter.com/ORIHIMETAI


お菓子や飲料などの食品は、昔のように新商品がコンスタントに売れなくなってきました。


お米は品種や新種の美味しさにあきらかな差がつくものなのでしょうか。


また、世の中に安くてそこそこ美味しいものが溢れてしまいました。


つまり、コメの品種の違いでエンドユーザーが左右することも少なくなってきたのではないでしょうか。


PR方法もなんだか50年前から変わらない雰囲気ですし。


上記を踏まえてお米の在り方やPR手法は少し考えた方がいいのかもしれませんね。


そう考えるとお米の顧客ニーズってどこまで詳細に取れているのでしょうか。


ちょっと気になってきました、笑


▼まとめ

・宮城県内で栽培された環境保全米の新米発表会を開催

・台市青葉区の県農協ビルであり、県内の農協関係者ら約40人が出席

・別室のみやぎライシーレディが県産の「ひとめぼれ」「ササニシキ」などを使ったおにぎりを試食


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり