情報の届け方は実に大事です。顧客ニーズを把握したら「届け方」に拘りましょう。


 

https://nordot.app/817864690310823936?c=113147194022725109

 

へぇ~こういった取り組みを続けているんですね。


宮城の仙台で環境保全米の新米の美味しさをPRしているという記事です。


そもそも、オフラインの発表だけでは弱いのでは、思いましたがTwitterなどでも発信しているんですね。


▼みちのく仙台ORI☆姫隊きらめくハート令和3年環境保全米ササニシキORI☆姫米発売!!

https://twitter.com/ORIHIMETAI


お菓子や飲料などの食品は、昔のように新商品がコンスタントに売れなくなってきました。


お米は品種や新種の美味しさにあきらかな差がつくものなのでしょうか。


また、世の中に安くてそこそこ美味しいものが溢れてしまいました。


つまり、コメの品種の違いでエンドユーザーが左右することも少なくなってきたのではないでしょうか。


PR方法もなんだか50年前から変わらない雰囲気ですし。


上記を踏まえてお米の在り方やPR手法は少し考えた方がいいのかもしれませんね。


そう考えるとお米の顧客ニーズってどこまで詳細に取れているのでしょうか。


ちょっと気になってきました、笑


▼まとめ

・宮城県内で栽培された環境保全米の新米発表会を開催

・台市青葉区の県農協ビルであり、県内の農協関係者ら約40人が出席

・別室のみやぎライシーレディが県産の「ひとめぼれ」「ササニシキ」などを使ったおにぎりを試食


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し