想像したことは必ず実現されるのであれば外骨格システムも眼鏡やコンタクトレンズのように当たり前になる日がきそうですね。


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2110/12/news055.html

 

へぇ~初めて知りました。


スタンフォード大学が通常より40%速く歩ける外骨格システムを開発中という記事です。


私が直感的に感じたのは、だいぶ先の未来には皆着用しているのかなぁと。


眼鏡やコンタクトも紀元前後の時代には誰も付けてませんでしたが、今は当たり前となっています。


現状、コロナ禍でリモートワークが一気に増えました。


人類の平均的な体力は落ちる傾向にあるので、子孫の体力も平均的に落ちると思います。


一方、人が動かなければ成り立たない産業もあります。


配送業や大型の建設関連(特に大型)は1日中歩いているのではないでしょうか。


体力が落ちていく中で、眼鏡やコンタクトのように日常的に利用する時代がくる可能性はありそうですね。


そういった意味ですと、熱い分野なのかもしれません。


先に医療用として活用されるとは思いますが。


▼まとめ

・米スタンフォード大学の研究チームが人の歩行速度を約40%向上できる外骨格システム開発した

・名称は「Optimizing exoskeleton assistance for faster self-selected walking」

・普通の靴での歩行よりもシステムを装着した方が平均して42%(増加幅は6%から91%)速い

・歩行スピードが速くなっただけでなく、エネルギー消費量も減少した


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生