手触り感がある話!自分の影響範囲にある「相対的貧困」の問題解決できる行動が大切ですね。


https://sdgs.kodansha.co.jp/news/knowledge/38033/


手触り感がある話でかつ非常に勉強になりました。


「循環型経済(サーキュラーエコノミー)」と「絶対的貧困/相対的貧困」のお話でした。


まず、循環型社会に関して、世界各国でサーキュラーエコノミー戦略を打ち出されていますが、日本にも早々に取り組んで切る企業があったんですね。


アトリエデフさんは「使い続ける」家づくりを続けているとのことです。


話のくだりで、「現場の大工さんからの反発」がありながらも、信念を持ち対話を続ける中で少しずつ理解を浸透していくあたり、何を実現するにせよ「人対人」だなと強く感じますし、信念を持っているからこそ事業が前に進む例ですね。


▼アトリエデフさん

http://a-def.com/


▼サーキュラーエコノミーについて

https://note.com/tomoya0725/n/n0ac7bbd88c86


そして、「絶対的貧困/相対的貧困」について。


貧困というと「世界の貧困」にばかり目がいきますが、日本における「相対的貧困」の深刻さを痛感しました。


日本の子供の7人に1人は世帯の年収が122万円以下で、誕生日やクリスマスにプレゼントをもらえない場合もあるとのことです。


こういった問題を解決するために活動している、私の地元先輩のボランティア活動は地道ですが改めて素晴らしさを感じました。


まずは自分自身の影響が及ぶ範囲で出来ることを行っていくことが大事ですね。


▼ヤチロック

https://www.facebook.com/129828260518487/photos/a.132423093592337/1726452867522677/


▼まとめ

・「地球の限界」はすでに超えている

・地球を守るために広がる「循環型経済」

・貧困撲滅は「SDGsの1丁目1番地」

・貧困対策は「投資」とも言える


講談社SDGs編集部、能戸俊幸さんの記事でしたが、体験記が非常に心に刺さりました。。。


荒井智也note:https://note.com/notes


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え