改めて、先入観は恐ろし!「ミレニアル世代」と「Z世代」の意識変容を再認識させられました~


https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2107/30/news020.html


世代を把握するこはマーケターにとって非常に大事ですよね。


モノを持たない「ミレニアル世代」と「Z世代」の意識変容に関しての記事です。


この記事の題材は少し古いものですね。


ネットカフェを住まいと的に利用している方がいらっしゃいますが、あの空間で満足しているのなら、同じ形で1K(3畳ほど)の部屋をとことん敷き詰めたアパートを作ったりしたらどうかなと思ったことがあります。


共同の風呂やコインランドリーはそこそこ良いものにするなど、ネットカフェとは差別化を図る、みたいな。


それはさておき、記事内で「なるほど」と思ったのばバブル族とシンプル族の違いです。


例えば、モノの価値観は「所有」に対して「使用」や、利用メディアは「テレビ」に対して「SNS」、などはあるあるですが、「魅かれるもの」に関してはなるほどな、と思いました。


魅かれるもの

X世代「新しい技術、物質性」

Z世代以下「古い文化・精神性」


若いから新しい技術が好きなわけでもないですし、若いらか文化に興味がないわけでもないんですよね。


その世代ごとに置かれた状況が違えば、関心の持つ方向性も変わるというだけですよね。


私は音楽が好きですが、現代はYouTubeで過去の音楽の動画が無料で見放題なんですよね。


私が若い頃は、プロモーションビデオが5千円くらいしたので、昔のミュージシャンに興味が向いても深堀できずに終わってしまいました。


過去の文化をリアルに知ることが難しかったので、気づかぬうちに興味が失せることも多かったです。


ですが、YouTubeとGoogleの台頭により、赴くままに過去に陶酔できます。(←私今ここ、最近は80年代邦楽にどっぷりハマっています。)


何に関しても先入観は恐ろしいものです。


▼まとめ

・各世代の中で最も勢いがあり、マーケティングに大きな影響を与えているのが「ミレニアル世代」と「Z世代」

・デジタルネイティブ世代であり、それ以前の世代とは全く異なる価値観を持っている


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え