新素材「NANO SAKURA」が世界を変える!?消費「する」か「しない」だけでなく、消費しても環境を一切壊さない取り組みは今後ますます大事ですね!


https://tabi-labo.com/299686/wt-disaster-prevention-cutlery


このご時世にほっこりする凄さですね。


防災って災害が起こった際に利用しますが、災害が起こった時ほど、ごみの分別は気にしていられないですよね。

(回収側も利用側も)


小泉環境大臣がコンビニスプーンを廃止するようなことをおっしゃっていました。


しかしながら、コンビニのスプーンとか、少しずつこういった素材に変えていけばいいのでしょうが、原価がものすごく高そうですね。。。


コンビニの資材関連の原価は10円以下で、かつ原価負担はフランチャイズのオーナー側の負担になります。


原価負担を上げればオーナーの利益が減るため、オーナーから反発にあう(当然ですが)。


また、オーナー側が「うちの店はお客様に資材を一切渡さない」となれば、現状では売上が落ちそうで、売上が落ちれば本部(オーナーも)の収益は減る。


つまり、FC本部にとってはプラスチックの資材に対策をうっても、百害あって一利なし、的な感覚です。


やはり、GDPをスケールしようとする方向感が時代遅れとなりつつありますね。


▼まとめ

・「土に還る、防災カトラリーセット」が、先月11日(木)に発売

・生分解性の天然バイオマスを100%使用

・新素材「NANO SAKURA」で制作

・廃棄後も二酸化炭素を排出せず、微生物の働きにより自然に分解できる

・強度、耐久性、成形性をも克服

・持続可能性にも配慮された防災アイテム


▼新素材「NANO SAKURA」

https://www.atpress.ne.jp/news/204080


防災関連のグッズっておしゃれなものが増えてきましたね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え