新素材「NANO SAKURA」が世界を変える!?消費「する」か「しない」だけでなく、消費しても環境を一切壊さない取り組みは今後ますます大事ですね!


 

https://tabi-labo.com/299686/wt-disaster-prevention-cutlery

 

このご時世にほっこりする凄さですね。


防災って災害が起こった際に利用しますが、災害が起こった時ほど、ごみの分別は気にしていられないですよね。

(回収側も利用側も)


小泉環境大臣がコンビニスプーンを廃止するようなことをおっしゃっていました。


しかしながら、コンビニのスプーンとか、少しずつこういった素材に変えていけばいいのでしょうが、原価がものすごく高そうですね。。。


コンビニの資材関連の原価は10円以下で、かつ原価負担はフランチャイズのオーナー側の負担になります。


原価負担を上げればオーナーの利益が減るため、オーナーから反発にあう(当然ですが)。


また、オーナー側が「うちの店はお客様に資材を一切渡さない」となれば、現状では売上が落ちそうで、売上が落ちれば本部(オーナーも)の収益は減る。


つまり、FC本部にとってはプラスチックの資材に対策をうっても、百害あって一利なし、的な感覚です。


やはり、GDPをスケールしようとする方向感が時代遅れとなりつつありますね。


▼まとめ

・「土に還る、防災カトラリーセット」が、先月11日(木)に発売

・生分解性の天然バイオマスを100%使用

・新素材「NANO SAKURA」で制作

・廃棄後も二酸化炭素を排出せず、微生物の働きにより自然に分解できる

・強度、耐久性、成形性をも克服

・持続可能性にも配慮された防災アイテム


▼新素材「NANO SAKURA」

https://www.atpress.ne.jp/news/204080


防災関連のグッズっておしゃれなものが増えてきましたね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛