新素材「NANO SAKURA」が世界を変える!?消費「する」か「しない」だけでなく、消費しても環境を一切壊さない取り組みは今後ますます大事ですね!


 

https://tabi-labo.com/299686/wt-disaster-prevention-cutlery

 

このご時世にほっこりする凄さですね。


防災って災害が起こった際に利用しますが、災害が起こった時ほど、ごみの分別は気にしていられないですよね。

(回収側も利用側も)


小泉環境大臣がコンビニスプーンを廃止するようなことをおっしゃっていました。


しかしながら、コンビニのスプーンとか、少しずつこういった素材に変えていけばいいのでしょうが、原価がものすごく高そうですね。。。


コンビニの資材関連の原価は10円以下で、かつ原価負担はフランチャイズのオーナー側の負担になります。


原価負担を上げればオーナーの利益が減るため、オーナーから反発にあう(当然ですが)。


また、オーナー側が「うちの店はお客様に資材を一切渡さない」となれば、現状では売上が落ちそうで、売上が落ちれば本部(オーナーも)の収益は減る。


つまり、FC本部にとってはプラスチックの資材に対策をうっても、百害あって一利なし、的な感覚です。


やはり、GDPをスケールしようとする方向感が時代遅れとなりつつありますね。


▼まとめ

・「土に還る、防災カトラリーセット」が、先月11日(木)に発売

・生分解性の天然バイオマスを100%使用

・新素材「NANO SAKURA」で制作

・廃棄後も二酸化炭素を排出せず、微生物の働きにより自然に分解できる

・強度、耐久性、成形性をも克服

・持続可能性にも配慮された防災アイテム


▼新素材「NANO SAKURA」

https://www.atpress.ne.jp/news/204080


防災関連のグッズっておしゃれなものが増えてきましたね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し