新聞大手3社の現状から「小回りを利かせる」ことの重要性を実感しました。規模の小ささは武器!


 

https://times.abema.tv/news-article/8653223

 

各コメンテーターの言葉が身に沁みます。。。


新聞の大手3社が厳しい状況であることは明白ですが、ではなぜ外国のようにデジタル化が成功していないのか、なんとなく疑問に思っていました。


変革できない要因は


・国内メディアの仕組み

・テレビ局との繋がりによる規模の大きさ


でしょうか。


まず、ルールで「新聞社は株主について新聞業に携わるもの、または社員、というように定款で定めてしまっている。」となっているため、他業界で興味がある、または新聞業界を変えていこうとチャレンジングな企業(経営者)が存在しても、入れない仕組みになっているということです。


また、新聞3社とも、同性質で閉じこもったテレビ局とグループとなっています。


グループ全体が古き官僚制度的な世界と思われるため、仮に個人レベルで会社を動かそうとしてもなかなか難しですよね。


別途、情報を発信している業界内でも、社員が30人程度の「文春」「しんぶん赤旗」が好調な理由は「ニッチでエッジが効いている」からでしょう。


人数が少ないからこそ発信ができる情報もあるんだなと、改めて考えさせられます。


また、DXの観点からしても小さい規模の方が小回りが利くためオンラインが好調に推移しているのにも納得です。


結論として、サブスクリプション型の新聞業界が苦戦している中、私が所属する会社は規模が小さいからこそ、小回りを利かせれば状況を打破できると確信できました。


▼過去記事:NYタイムズのDXが好調なのはシンプルな目標設定とDXに愚直に取り組んでいたため

https://note.com/tomoya0725/n/n69a4eefa4d84


▼まとめ

・新聞業界は最盛期には5377万部を誇っていた発行部数が約3500万部にまで減少している

・朝日新聞は2020年の中間決算では最終赤字が419億円に達し社長が引責辞任

・給与水準も下げ、早期退職制度によって人員を削減

・どうやって情報を世の中に伝えていくのか“異種格闘技”のためのインフラはでき上がっている時代


常にこれからが大事です。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し