日本は失われた30年を取り戻すべく、旅行解禁をチャンスに変える。


 

https://www.afpbb.com/articles/-/3365034

 

ですよね。


中国人の海外旅行意向は変わらず高い、という記事です。


今年の7月に、株MATCHさん主催のオンライン・インバウンドセミナーに参加しました。


当時の売上予測ですが、2024年にはコロナ前の水準に戻り、その後増加していく予測でした。


デービッド・アトキンソンさんのお話が特に印象的で、今まで旅行に出かけていた裕福層のお金が溜まり続けているため、旅費が高くてもみんな旅行に行くという予測でした。


つまり、旅行客数は落ちますが、単価が一気に上がり、売上を維持するということです。


そうなった時を逆算し対策を打てる企業が生き残るわけで、いかに付加価値を付け魅力的なコトを提供できるかが、旅行業界の生き残るポイントとなります。


日本が旅行客をどれだけ受け入れるかにもよりますが、ここで二の足を踏めば、経済的に非常に苦しい生活が待つことになります。


失われた30年を取り戻すべく、ここはチャンスに変えたいところです。


▼まとめ

・中国人の海外旅行に対する高い期待が保たれている

・コロナ収束後、中国から日本を訪問する観光客の急拡大が期待されている

・アンケートによると2203人の中、海外旅行が再開したら、すぐに海外に行く(26%)、半年内に行く(26%)、1年以内に行く(24%)と答えた人が合わせて3分の2強の76%に上っている


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛

https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yubisashi-sheet-dl-website ちょっとした気遣いに企業風土が表れます。 ローソンが耳が聴こえにくい人向けに、指先確認用のシートを開発し、他の行政や会社が利用できるようにしているそうです。 このような負に気付いて解消できるっていいですよね。 昔から思っていますが、マネタイズがしずらいけど、社

https://forbesjapan.com/articles/detail/52263/1/1/1 スタートアップらしい展開の仕方、参考になりました。 「通わないマウスピース歯科矯正」のOh my teeth(オーマイティース)が成長しているという記事です。 ものすごく興味があります。 先日、歯医者で歯のクリーニングを実施したのですが、、、普段は気にしていませんが、人に見られるとなると、やはり