日清のプロモーションは優秀!カップヌードル味ソーダの販売方法のバランスが絶妙です!


 

https://mainichi.jp/articles/20210913/k00/00m/020/070000c

 

おぉ、攻めますね。


日清からカップヌードル味のソーダが誕生したという記事です。


50周年記念でうまい棒と特別セット2,998円で販売するそうです。


新商品といえば、30年以上前はコンビニを中心にポテトチップスや飲料、カップラーメンなど様々な味が登場していました。


カップラーメンなら生めんタイプや、コーヒーなら炭酸や透明のものなど、多種多様に登場しましたが、結果的に定番に落ち着いてしまうものだなと感じます。


しかしながら、カップヌードル味のソーダはインパクトがありますね。


正直、味が全く想像できません。


別途、今回炭酸を単品で売らずにセット売りしているのは正解ですね。


単品売りでは売れないと在庫、売れすぎると品薄商法だと叩かれるリスクがあります。


定番のラーメンと組み合わせて予約販売することでリスクを限りなく低減しています。


バランスのいい販売方法だなと感じました。


つまり、日清のプロモーションはいつも優秀です。


▼まとめ

・日清食品は、カップヌードル味のソーダと駄菓子の「うまい棒」がセットになった「カップヌードル50周年記念特別セット」(税込み2998円)の予約を受け付けている

・50周年の勢いでカップヌードルのソーダを作った

・カップヌードルの定番8種と、カップヌードル味のソーダ4種、うまい棒8種が入っている


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛