日清のプロモーションは優秀!カップヌードル味ソーダの販売方法のバランスが絶妙です!


https://mainichi.jp/articles/20210913/k00/00m/020/070000c


おぉ、攻めますね。


日清からカップヌードル味のソーダが誕生したという記事です。


50周年記念でうまい棒と特別セット2,998円で販売するそうです。


新商品といえば、30年以上前はコンビニを中心にポテトチップスや飲料、カップラーメンなど様々な味が登場していました。


カップラーメンなら生めんタイプや、コーヒーなら炭酸や透明のものなど、多種多様に登場しましたが、結果的に定番に落ち着いてしまうものだなと感じます。


しかしながら、カップヌードル味のソーダはインパクトがありますね。


正直、味が全く想像できません。


別途、今回炭酸を単品で売らずにセット売りしているのは正解ですね。


単品売りでは売れないと在庫、売れすぎると品薄商法だと叩かれるリスクがあります。


定番のラーメンと組み合わせて予約販売することでリスクを限りなく低減しています。


バランスのいい販売方法だなと感じました。


つまり、日清のプロモーションはいつも優秀です。


▼まとめ

・日清食品は、カップヌードル味のソーダと駄菓子の「うまい棒」がセットになった「カップヌードル50周年記念特別セット」(税込み2998円)の予約を受け付けている

・50周年の勢いでカップヌードルのソーダを作った

・カップヌードルの定番8種と、カップヌードル味のソーダ4種、うまい棒8種が入っている


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ