明確にメッセージを伝えること、それを実行することが難しい!メルカリは今後もスケールしそうですね!


 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2109/01/news156.html

 

へぇ~、メルカリがリモートワークを推進する形になりました。


メルカリが全国どこでも勤務可能にするという記事です。


過去に禁止するほどリモートを避けていました。


理由の一つに「意識のズレ」が生じることを懸念していたと記憶しています。


おそらく、リモートに慣れてくると、意識も統一できるようになってきたのでしょう。


私もリモートでの仕事が非常に多いですが、最初に利用していた頃は「感情」の部分を感じることが難しく感じていましたが、今となってはリアルな会議と同じように「感情」を感じ気を使えるようになりました。


なんだったら、対面の会議とほとんど変わらないです。


それとは別に、今回、メルカリの企業体質の良さを感じました。


まずは、コロナ禍でリモートの是非が問われている中、従業員に対して明確に「禁止」を伝えました。


そして、状況を分析し仕組みを構築した上で、「導入」しました。


私が知る限り、社長がリモートを導入とは言ったけど、結局会社に行っています、とうノリの企業を多く見かけます。


企業の方向性を明確に示し、柔軟に対応していく体質はこれからもスケールする予感しかありません。


▼まとめ

・メルカリは9月1日、社員がリモートワークかオフィス出社かを選択できる新たな勤務制度「YOUR CHOICE」を始めた

・日本国内であればどこでも勤務可能

・対象はメルカリ、ソウゾウ、メルペイ、メルコイン4社の全社員

・出社時に実費支給する交通費は月額15万円の上限


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し