最後は「水素」!?地球で暮らし続けるためには水素の活用がポイントになるかもしれません。


 

https://this.kiji.is/769126731154227200?c=113147194022725109

 

水素エンジンで完走、凄いですね。


トヨタの水素自動車が24時間耐久レースに出場し完走したという記事です。


自動車産業でのカーボンニュートラルは「EV」が一強の状況ですが、二酸化炭素の排出に関しては製造工程から考えるとEVが優れているわけではありません。


結局は、未来の描き方の違いなのかな、と最近感じます。


テスラは将来、地球が住めなくなる前提で考えており、火星の移住を計画しているため、火星に確実にあるエネルギー源=太陽のため、電気に拘っています。


トヨタの取り組みはあくまでも地球人が地球で生活し続ける前提での取り組みで、持続可能なエネルギー開発の視点からすると、自動車産業以外でも「水素」は必須です。


一時期はEV一択的でしたが、トヨタの継続的な取り組みにより「水素」が世界を動かせる日がくるのかもしれません。


私は地球がボロボロになっても、火星に移住する側に選択されない気がするため、トヨタを応援したいと思います。


▼まとめ

・トヨタ自動車が開発中の水素を燃やして走るエンジン車が24時間耐久レースに挑戦

・水素のみを燃料にしてレースを走ったのは世界初

・福島県浪江町の太陽光発電で製造した水素

・約4.5キロのコースを358周


もう少し早く国が水素ステーションの設置を進めていれば、今後の普及率が変わったかもしれませんね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛