最短4分で再生可能!「海水→飲料水」にする技術が凄い!最先端技術が活用される世界が見たくて長生きしたくなります!


https://forbesjapan.com/articles/detail/37542/1/1/1?s=ns


こういった技術を開発するって本当に凄いですよね。


内容が少し難しいですが、要は『海水を低エネルギーでろ過できる技術』が開発されてるということです。


気候変動により『温暖化=気温上昇』が進むと水がより多く蒸発していきます。


そうなると、砂漠地帯はより砂漠化が進み、水資源が豊富な場所も資源が少なくなります。


今後は日本も『水不足』が進むということになりますが、『今までのシステムで水を配給した場合』においてではあります。


もし、容易に海水が淡水に変えられればひとまず『水不足』の心配は解消されます。


また、中東では熱処理で淡水へ変えていますが、相当にエネルギーを消費する観点から今回の有機金属構造体(MOF)が注目されているということです。


▼まとめ

・MOFと太陽光によって飲料水に、4分以内に再生、再び使用も可能

・浄水能力が極めて高い

・3000mg/Lと高濃度だった水中の総溶解固形分(TDS)→500mg/Lを下回る濃度まで下げる能力がある。

・この数値は、WHOが飲料水に対して定めているTDSの推奨濃度600mg/L未満をはるかに下回っている

・エネルギー効率が高く、環境への負荷が少ない持続可能な形で水を精製できる


こういった技術がどのように利用されるか、それが見たくて長生きしたくなりますね。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え