最近の「ファミマパンのヒットの裏側」は王道のプロモーション方法に切り替えたからでしょう。


 

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2204/22/news191.html

 

なるほどですね。


ファミマが王道戦略でパンの定番商品をリニューアルし、売れ行きが好調という記事です。


ファミマは奇をてらったことが得意なチェーン、という印象が付いてしまいました。

(一時期炎上マーケティングを疑われていましたね。)


サークルKサンクスを買収する前、店舗数で明確に3位だった時代はTOPのセブン(大衆寄り)や2位のローソン(女性客寄り)に勝つために、マーケとで被らない層を狙うしかありませんでした。


なので、奇をてらう印象が付いてしまうのも仕方ありません。


しかし、店舗数が2位となり、マーケットシェアが30%近くまできていますので、王道な路線が効きやすくなります。


ちなみに、今回の商品は1日で1店舗あたり平均14個ほどの販売です。


店舗からしたら大したヒット商品ではありません。


加えて、リニューアルする前から一定の顧客(販売数)が付いています。


上乗せされた個数は、3~4個程度かもしれません。


つまり、販売個数でゴリ押しし話題にするプロモーションは、シェアが高ければ高いほどよく効くということです。


販売個数=(店舗数×(既存販売数+新規販売)


なので、今回を軸にファミマは王道ゲームを仕掛けてくるでしょう。


勉強になります。


――――――――――――――――――――

▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生