漁港に上がった魚が15分後にレストランで食せる!日本の漁業でIT化が進めばよりよいサービスが生まれそうですね!


 

https://www.sankei.com/article/20210920-VXZR4VCZDJOZJB2WR37DCTYQJQ/

 

おぉ、これは面白いですね。


和歌山市で釣りたての魚を漁港からドローンで直送する取り組みについての記事です。


私は生魚が苦手でしたが、鮮度抜群の魚を食べてから、苦手意識がなくなりました。


つまり、それだけ鮮度が味を左右します。


記事の取り組みでは3者にとってメリットが大きいです。


まず、顧客にとっては鮮度抜群の魚を食すことができます。


提供者(お店)にとっては顧客から注文が入ってから仕入れるため、食材ロスの心配がなくなります。


漁港にとっても小ロットのため冷凍車を走らす必要がないため、輸送費や人件費の削減に繋がります。


日本の漁業でIT化が進めばより良いサービスが生まれそうですね。


近い将来、自宅まで届くこととなるのでしょうか。


▼まとめ

・釣れたてのカツオを小型無人機「ドローン」で漁港からレストランに直送する実証実験を和歌山県すさみ町で実施

・実施者は通信大手ソフトバンク

・和歌山県すさみ町は「ケンケン鰹(かつお)」のブランドで知られる産地

・〝空飛ぶカツオ〟は15分ほどで到着


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛