状況が厳しい時こそ、100%を1発で狙うより、1%を100発で狙う方をお勧めします!


 

https://www.aviationwire.jp/archives/231035

 

ANAのデコ弁って需要があるか謎ですが、弾を撃つことは重要だと思います。


ANAが通販専用で国際線エコノミークラスで提供実績がある弁当を提供するという記事です。


正直、デコ弁が売れるかどうかは分かりませんが、ANAさんがコロナ後にavatarianなどたくさんの取り組みをしていることに意味はあると思います。


経営が本当に苦しいとき、じっくりと時間をかけて一つを選択し1発1中を狙いにいくのは間違いかなと。


まず、ビジネスの世界でどんな企画も100%成功できるかどうかは分かりません。


見切り発車は良くありませんが、景気が悪いからと決断を先延ばしし、ダラダラと選択しているのであれば、「全部実行する」に限ります。


成功確率が1%なら、100発撃てば必ず成功するということです。


1%の成功が見えたら、その企画なり事業なりにフルコミットすればいいだけです。


とにかく、1発1中の思考は避けたいですね。


お金の面を考えても、赤字が続けばどのみち会社は立ち行かなくなります。


赤字のためにキャッシュを留保するほど、無価値な行為はありません。


とにかく100発の弾を撃ち、1%を射抜くことが大事です。


そういった意味で、ANAさんはそのうち別事業で成長する可能性はありそうですね。


▼まとめ

・7月19日からこども向け弁当の通販サイトを開始

・販売サイトは「ANAショッピング A-style」と楽天市場

・「くまさんのお昼寝弁当」と「おむすびくんのお月見弁当」、「星型ハンバーグの流れ星弁当」の3種類


ネーミングが脈絡がありそうでなさそうな響きでツボります、笑


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news028.html へぇ~面白いですね。 一度廃れた焼き芋が再度ブームになっているという記事です。 過去にブームってありましたっけ?笑 まぁ、それは別としても、今は専門店が増えていることは事実ですよね。 知り合いのお店には店頭で簡単に販売できる機材を揃えており、限定で50本くらい作って確実