環境にも経費にも優しい取り組みはフランチャイズシステムと相性がいいのかもしれません!


 

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2109/28/news079.html

 

へぇ~こんな取り組みしていたんですね。


ローソンがコーヒーのタンブラーやおでんの容器持参で商品を割引するというサービスを展開し、プラスチックを約0.7トン削減したという記事です。


むむむ、近くのローソンは週に2~3日寄っていますが、今回のキャンペーンのことを全然知りませんでした。。。


ローソンさんは企画の立て方が女性目線でセブンイレブンとは客層を明確に分けています。


そういった意味ですと、私のようにペルソナから外れた人には認知が無くても、利用者を増やしたりプラスチックを削減できたりと結果を残してく、つまり効率的で効果的なプロモーションができているということなのでしょう。

(そもそも地域限定だったのでしょうか。)


9月14日からは東京都、埼玉県、千葉県の約30店舗で蓋つきの容器を持参するとおでん5個購入ごとに39円引となる「おでん鍋割セール」が開催されるようです。


環境にもお店の経費(資材原価は店舗負担)にも優しい取り組みは、フランチャイズとは相性が良さそうですね。


▼ローソンサイトの告知

https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1439864_2504.html


▼まとめ

7月20日~8月30日に実施したタンブラー持参キャンペーンでタンブラー利用が約2.5倍になった

・蓋に使用するプラスチック約0.7トンの削減につながった


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し