環境問題に国境はない!対馬の漂流ゴミ問題を「自責」として解決していく人々を尊敬します!


 

https://this.kiji.is/744746872462426112?c=113147194022725109

 

地味な話ですが先進的な取り組みが詰まっています。


まず、対馬海岸の写真を見てしまうと「こんなにゴミが集まってしまうんだ」と改めて漂流ゴミ問題の大きさを感じます。


根本的な問題として、漂流したゴミは世界中の様々な企業が作った製品で、かつ世界中の様々な人びとが利用し廃棄されたゴミであります。


作った側の責任も利用した責任も所在が明確でないため、どうしても放置されてしまう問題であり、実際、放置されてきました。

(他人の家庭のゴミが毎月自宅の玄関前に積み上がっていく感じです)


さらに、プラスチックゴミを土に埋めても自然に還らず、燃やすと石油資源を消費しSDGsの視点に反するという、処分するにも適切な対応が迫られる問題です。


つまり、GDP経済下では一番得にならない分野でした。


SDGsの推進等々、時代の流れではありますが、誰かが解決しなければならない社会課題を率先的に解決していく企業に対してリスペクトします。


自分自身も社会の中でこういった行動を取れるよう改めて気を引き締めなおします。


▼まとめ

・対馬市によると、沿岸には年間約2万立方メートルのごみが国内外から漂着

・取り組みは2017年から始まった新たな資源の循環

・リサイクル推進コンサルタントのテラサイクルジャパンが解決に乗り出す

・プラごみをペレット化し業者に販売する

・P&Gが台所用洗剤「ジョイ オーシャン プラスチック」55万本分を生産、販売

・パイロットコーポレーションが「スーパーグリップG オーシャンプラスチック」を発売

・コーセーとファミマが買い物かごを導入


▼過去にまとめたファミマの記事

https://note.com/tomoya0725/n/n8c79fbdc34ef


自分身の回りにも小さな課題がありますので、コツコツと解決していきます。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/17/news040.html ワークマン、強いですね。 ワークマンから「真空ハイブリッドコンテナ」というアウトドア用の商品が発売されて、アウトドア以外のニーズありヒットしている、という記事です。 「一人利用」を切り口にしているため、保冷が効く「真空ハイブリッドコンテナ」は会社の職場で個人が愛用してい

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し