環境問題の解決には「数」が大事!ファミマが自社の課題に自らが解決していく姿勢に共感します!


https://ampmedia.jp/2021/03/05/familymart-savethechindlen/


「オンライン出前授業」って出前してないじゃんって思いましたが、もともとオフラインで出前授業をしていたオンライン版ってことなんですね。


年間で全32回開催で2週間に1回ペース、回数も多くで驚きました。


コンビニ業界は食品ロス等が問題視されていますが、自社が抱える課題に対して意識を持ち、SDGs浸透のために草の根運動を続けることに非常に価値があるのではないでしょうか。


そして、世界の環境問題への意識を変えるためには「数」は非常に重要です。


極端な話、GDP経済下であれば、1社が桁違いのビジネスを成功させるだけでGDPが一気に上がります。


国の「幸福度」の指標もGDPで図るため、合理的な経済にお金が流れるような仕組みになってしまいます。


環境問題は1人が桁違いに努力してもほとんど改善されません。レジ袋有料化の取り組みのように全員が参加する必要があります。


つまり、「数」が必要になります。


▼セーフ・ザ・チルドレンについて

www.savechildren.or.jp


▼まとめ

・次世代育成のための取り組み

・SDGsをテーマにしたオンライン出前授業「『いま、私たちにできることを考えよう』SDGsオンライン教室」を開始すると発表

・第1回目は、石巻市立桜坂高校にて、3月18日に開催

・今までも職業体験を中心とした出前授業を開催

・授業の企画にあたっては早稲田大学系属早稲田佐賀中学校が協力


私、、、講師をやりたいです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え