確かにInstagramは「映え」じゃない!無印良品さんの普遍的な心理をついた投稿は理にかなっています!


https://newspicks.com/news/5945892/body/?ref=index&a=QIqxiaSUsM0qRrYUw8yY4VaenGHQouYKyXX4CvuPW2FxZH7nh9YgXnom2yWnHJK3EGP0RhjZ11uk3QVm7RSL4c%2BQ%2BWN4SgBPYblr%2FL6Ijon4xYILpgygtzJmu%2FXzdiHNyYODanO5aj8kXjyMO0EHC3IwiXnLhoQi8QDPfsByzgBbLVodvgWXkoKKRDcSHrV%2FjqBpPeqjBSD9Xui56uhyXxo8hzHnG3IR0J0c4GzW0iiMYf0ZeTNLLqhFSsBs6vZZ60gHc9NP77azx09rVBz0iAqJSCbHm4xjpjBn3Ij%2FhYJSTLhu6GXSpMmBqlex1i2KY4Vj7XXF3zxjnyAGZJjYw09v6PBMyte2XuVtekdu5KZPOq8UaeX0tg2Omf0s8km4&adid=KHOH


なるほどですね。


無印良品さんのインスタグラムの活用方法に関する記事です。


無印良品さんのようにある程度ブランドが成長しているからこそ、という部分はあると思いますが、「言い切らないようにしている」は大事です。


過去に小売店の店頭販促を作成していましたが、訴求方法に関する本を読んでいた際「答えはお客様にゆだねる文言が良い」とありました。


おそらく、「言い切らない」は普遍的な考え方なのだと思うのですが、商売側は「商品の良さが伝わらない」「値ごろ感が伝わらない」と、一生懸命伝えようとしてしまい、ついつい本質的なことを忘れてしまいます。


特に、SNSではコメント投稿がキーになることを考えたら、答えは利用者側に委ねたほうが圧倒的に投稿しやすいですよね。


売り手が「乾きやすさNo.1」と投げかけたら、「No.1」かどうかの判断軸でしか盛り上がらなくなりますし、その他の用途があったとしても利用者側の目が向きづらくなります。


シンプルですが、とてもハッとさせられる記事でした。


▼まとめ

・どんな商品も便利かどうかは、お客様が使ってみて感じること

・商品の発見を先回りして言わない

・伝えたい情報の抽象度を上げたり言葉を絞ったりしている(あくまでも抽象)


無印良品さん、ありがとうございました。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え