確かにInstagramは「映え」じゃない!無印良品さんの普遍的な心理をついた投稿は理にかなっています!


 

https://newspicks.com/news/5945892/body/?ref=index&a=QIqxiaSUsM0qRrYUw8yY4VaenGHQouYKyXX4CvuPW2FxZH7nh9YgXnom2yWnHJK3EGP0RhjZ11uk3QVm7RSL4c%2BQ%2BWN4SgBPYblr%2FL6Ijon4xYILpgygtzJmu%2FXzdiHNyYODanO5aj8kXjyMO0EHC3IwiXnLhoQi8QDPfsByzgBbLVodvgWXkoKKRDcSHrV%2FjqBpPeqjBSD9Xui56uhyXxo8hzHnG3IR0J0c4GzW0iiMYf0ZeTNLLqhFSsBs6vZZ60gHc9NP77azx09rVBz0iAqJSCbHm4xjpjBn3Ij%2FhYJSTLhu6GXSpMmBqlex1i2KY4Vj7XXF3zxjnyAGZJjYw09v6PBMyte2XuVtekdu5KZPOq8UaeX0tg2Omf0s8km4&adid=KHOH

 

なるほどですね。


無印良品さんのインスタグラムの活用方法に関する記事です。


無印良品さんのようにある程度ブランドが成長しているからこそ、という部分はあると思いますが、「言い切らないようにしている」は大事です。


過去に小売店の店頭販促を作成していましたが、訴求方法に関する本を読んでいた際「答えはお客様にゆだねる文言が良い」とありました。


おそらく、「言い切らない」は普遍的な考え方なのだと思うのですが、商売側は「商品の良さが伝わらない」「値ごろ感が伝わらない」と、一生懸命伝えようとしてしまい、ついつい本質的なことを忘れてしまいます。


特に、SNSではコメント投稿がキーになることを考えたら、答えは利用者側に委ねたほうが圧倒的に投稿しやすいですよね。


売り手が「乾きやすさNo.1」と投げかけたら、「No.1」かどうかの判断軸でしか盛り上がらなくなりますし、その他の用途があったとしても利用者側の目が向きづらくなります。


シンプルですが、とてもハッとさせられる記事でした。


▼まとめ

・どんな商品も便利かどうかは、お客様が使ってみて感じること

・商品の発見を先回りして言わない

・伝えたい情報の抽象度を上げたり言葉を絞ったりしている(あくまでも抽象)


無印良品さん、ありがとうございました。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.j-cast.com/trend/2022/11/29451358.html これは、テレビの影響力ではなくSNSの拡散力で話題になった事例ですね。 今までは同調圧力も高じて「あの店は美味しくない」となると、みんなが行かなくなる傾向にありました。 しかし、SNS時代においては関係なくなりました。 なんだったら、「美味しくない」ものを実際に食べてみた、などネタにする時代です。

https://www.j-cast.com/2022/11/28451248.html おぉ、これは面白いですね。 自社で開発した商品を社長が購入し、不備があったため自主回収になったという記事です。 プロモーション効果、抜群です。 2か月後に再販売すれば、今よりずっと売上が伸びる気がします。 イーロン・マスクがTwitter買収で、広告費を一切かけずに毎日Twitterの話題が出ています。 イー

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221127/k10013904571000.html 10年後は肉が食べれなくなると言われていましたが、培養肉の技術で食べることが出来そうですね。 培養肉の元となるブランド牛の知的財産を保護できるよう、しっかり取り組んだ方がいい反面、過去の例からするっと海外に盗まれていることを考えると、簡単ではなさそうですね。 元のブランド牛