米国は「住宅ネオブーム」到来!関東圏のベッドタウンでは変化はみられるのでしょうか。


 

https://newspicks.com/news/5913015/body/?ref=business

 

日本では実際どうなんでしょうかね。


アメリカでネオ住宅ブームがきた、という記事です。


私は現在、出社が必要な会社のため、会社から離れることは難しいです。


実際に「どこでも働ける」とう状況になったら、郊外に行きたくなるのでしょうか。


完全オンラインの副業で新規事業関連の仕事をしていますが、完全オンラインのため皆様自由で、ロシアや台湾などからZOOMで繋がっています。


改めて思うのは、オンラインだけで売上を作れるって凄い時代ですよね。


別途、以前、千葉県の木更津エリアのコンビニ経営者の方は「コロナ後に売上が上がった」とおっしゃっていました。


単純に都内通勤者がリモートに切り替わり、自宅近くのコンビニへ買い物に行っているだけだと思いますが、現在は住宅も売れているのかもしれませんね。


住まいを買わない選択をする人も増えており、5年前には想像できないほど多様化が進んでいます。


私も今年9月からフリーで働く予定です。


メインは完全オンラインとなりますので、自分の心境の変化もリサーチしたいと思います、笑


▼まとめ

・アメリカでは今、自主隔離に疲れた人が新築戸建てブームを牽引

・住宅価格はこの1年で11.3%上昇

・都市を脱出した人は戻らない


にしても、記事の感動ストーリー、アメリカンで面白いかったです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生