米国は「住宅ネオブーム」到来!関東圏のベッドタウンでは変化はみられるのでしょうか。


 

https://newspicks.com/news/5913015/body/?ref=business

 

日本では実際どうなんでしょうかね。


アメリカでネオ住宅ブームがきた、という記事です。


私は現在、出社が必要な会社のため、会社から離れることは難しいです。


実際に「どこでも働ける」とう状況になったら、郊外に行きたくなるのでしょうか。


完全オンラインの副業で新規事業関連の仕事をしていますが、完全オンラインのため皆様自由で、ロシアや台湾などからZOOMで繋がっています。


改めて思うのは、オンラインだけで売上を作れるって凄い時代ですよね。


別途、以前、千葉県の木更津エリアのコンビニ経営者の方は「コロナ後に売上が上がった」とおっしゃっていました。


単純に都内通勤者がリモートに切り替わり、自宅近くのコンビニへ買い物に行っているだけだと思いますが、現在は住宅も売れているのかもしれませんね。


住まいを買わない選択をする人も増えており、5年前には想像できないほど多様化が進んでいます。


私も今年9月からフリーで働く予定です。


メインは完全オンラインとなりますので、自分の心境の変化もリサーチしたいと思います、笑


▼まとめ

・アメリカでは今、自主隔離に疲れた人が新築戸建てブームを牽引

・住宅価格はこの1年で11.3%上昇

・都市を脱出した人は戻らない


にしても、記事の感動ストーリー、アメリカンで面白いかったです。


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/94907?imp=0 メモ程度に。 時代はググるからトクるへ変わっていくという記事です。 最終着地としては ・ググる(Google) ・タグる(Instagram) ・トクる(TikTok) の3層に分かれるということです。 30代あたりだと「そりゃそうだよね」という話ですが、50代以上ですと「Google以外の検索」が世

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70105?page=4 モスっていいですよね。 創業50周年のモスバーガーを救ったマーケターが復活の条件を語るという記事です。 モスは大好きなので経営面でもずっと追ってきました。 創業者もしかり、マクドナルドとは違う土台を見つけ、常に開拓してきた印象があります。 なので、今回のコロナ禍でも自分たちで販路を拡大し売上を作っ

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/14/news042.html へぇ~すごいですね。 蔦屋家電より冷えるゴミ箱が販売されるという記事です。 なんでも、生ごみの匂いが2万6000分の1になるそうです。 私は現在マンションのため、都度生ごみを処理でき、ゴミ置き場も24時間365日利用できますので、生ごみの匂いに困ることはありません。 し