米国らしい外食の「ウェイティングシステム」が進化していますが日本でも活用できそうですね。


https://forbesjapan.com/articles/detail/44169/1/1/1?s=ns


確かになるほどですね。


米飲食のウェイティングシステムが進化しているという記事です。


システムはシンプルで、席が空いたらグループの代表に連絡する、という内容です。


確かに「ぷらっと行きたい派」と「きっちり予約したい派」がいて、その中間層に対してのサービスがなかったかもしれません。


行列に並ぶ人の中には「行列に並びたくないけど予約するのが面倒」という層がいるのは間違いないです。


日本では寿司屋などのチェーン店が近しいサービスを導入していますが、あくまでも予約寄りであり、特に郊外の寿司屋でぷらっと入って予約した際に「30分待ち」と言われても、まわりに何もないため車か店舗で待つ形となります。


街中、とくに駅周りで普及することで、待ち時間に合わせて用を効率的に済ませたりできそうですね。


全店同じシステムだったらなお良しですね。


もしかしたら、予約が面倒くさい派の私だから良いシステムだと感じているのかもしれませんが、笑


ーーーーーーーーーーーーーーー


▼ローカルビジネスの研究所 ~がやてっく開発室~ やっています。

https://note.com/gayatec/m/m4b74eb72a919


▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

スケールさせるときに大事なコトの一つは「当たり前のことをやりきる」ということです。

https://president.jp/articles/-/52062 なるほどですね。 テレビCMより費用対効果がいいため、銀のさらが紙のチラシを年3億枚配布しているという記事です。 確かに、銀のさらさんのメニューってものすごく美味しそうですし、厚めの紙質の印象はありますね。 今回の記事で改めて思ったことは「当たり前のことをやりきる大切さ」です。 銀のさらさんは後発組でしたが、「後悔させない