結局、チームマネージメントが大事!「顧客ニーズ」にミートさせるビジョンを描き、共有できているかがポイントです!


 

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2108/16/news002.html

 

もはや永遠の議題に感じてしまいますね。


象印がプロダクトアウトの罠にハマってしまったが、リカバリーしつつある、という記事です。


プロダクトアウトかマーケットインか。


象印のような製造会社がどちらかに偏り過ぎると、会社全体のパワーバランスが崩れてしまう印象です。


「良い製品を作って世に出す」とエゴスティックな信念を持ち商品開発をすることでしか生まれなかった製品や技術革新もある反面、市場からズレてしまうと全く売れないことも事実。


逆に、マーケットやカスタマーに寄り添った商品開発では、商品開発する側の納得感を得られなければ開発側はつまらなく感じてしまう。


おそらく、どちらの考え方にせよ、顧客の「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」に対してミートできるかどうかの話かです。


ミートできれば開発側も営業側もやりがいを感じやすい。


マーケットインにしろプロダクトアウトにしろ、製品を世に送り出すことで「顧客のどんな課題を解決できるのか」をチームに浸透させることが重要です。


ある意味経営の醍醐味ですね。


▼まとめ

・2010年ごろから新開発の高級炊飯器のヒットとインバウンド需要に押され右肩上がりで売り上げを伸ばした

・15年の897億円をピークに減少

・「真面目に良いものを作ればいい」という思いが行き過ぎたことに、正面から向き合って反省し、現在立て直しを図っている。

・長く売り上げを支えた極め羽釜は役割を終え、18年に「炎舞炊き」へとリニューアル

・そして象印そのものも、時代に合わせ、消費者とより近い位置でものづくりができる企業へと変わろうとしている


荒井智也:https://note.com/tomoya0725/


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生