美味しいドーナツ屋のシンプルな数学的戦略は多店舗展開における王道戦略でもあります。


https://nikkan-spa.jp/1791665?cx_clicks_art_mdl=1_title


謎ではなく、シンプルな戦略ですね。


ミスタードーナツが4年で200店の閉店をしたことに関する記事です。


FCで多店舗展開しているチェーンであれば一度は同じような戦略を取ったことがあるのではないでしょうか。


とあるグループから売上が低く利益がマイナスの店舗の数字を抜くと、売上の平均値は上がり利益は回復する、という数学的な戦略です。


コンビニスイーツはもう20年以上前から美味しい商品が出ているので、コンビニスイーツ自体の脅威ではなく、コンビニの展開力により劣勢になったのかもしれません。


時代が激変していく中、うまくかじ取りをして収益を上げているのではないでしょうか。


定期的に利用しているので、今後も頑張ってほしいですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▼ローカルビジネスの研究所 ~がやてっく開発室~ やっています。

https://note.com/gayatec/m/m4b74eb72a919


▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

スケールさせるときに大事なコトの一つは「当たり前のことをやりきる」ということです。

https://president.jp/articles/-/52062 なるほどですね。 テレビCMより費用対効果がいいため、銀のさらが紙のチラシを年3億枚配布しているという記事です。 確かに、銀のさらさんのメニューってものすごく美味しそうですし、厚めの紙質の印象はありますね。 今回の記事で改めて思ったことは「当たり前のことをやりきる大切さ」です。 銀のさらさんは後発組でしたが、「後悔させない