老舗企業も「D2C×サブスク」事業へ参入!欧米のケチャップ不足が深刻とは初めて知りました~


https://newspicks.com/news/5805563/body/?ref=index


へぇ~欧米はケチャップ不足で大変な状況だったのですね。


ケチャップのサブスクを開始した老舗HEINZ、D2Cのお話です。


”飲食店のオーナーはマクドナルドへ行って食事をし、提供されたケチャップを持ち帰って自分のお店で利用する”ほど、ケチャップが足りないとのことです。


確かに調味料や日用品は日々使い続けますが、キッコーマンやキューピー、花王などサブスクリプションのサービスは提供していませんね。


Amazonの定期おトク便があるため参入が難しいのでしょうか。


また、HEINZはケチャップ不足の状況に押されて始めたサービスのため、供給が追いついたらサービスを止めてしまうのでしょうか。


いろいろ思考のネタになる、ゆるくも深いお話でした。


▼日経:コロナ禍、今度はケチャップ不足 米国で小分け需要

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB112100R10C21A4000000/


▼まとめ

・コロナ後ケチャップ市場が伸び、ケチャップの小袋が不足している

・要因は「テイクアウト」が増え、自宅で食す時間が増えたため

・欧米でケチャップと言ったら日本の醤油

・HEINZは1869年創業の老舗、UKの子会社がイギリスでサブスク

・欧米はロックダウンでケチャップが買えない中、コロナの影響でスーパーが空っぽでも必ず自宅にケチャップが届く

・マスリテールの依存度が高い中、D2Cに転換


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え