肉体を作る会社「avatarin」さん、凄い技術ですね!今後間違いなく伸びる分野です!


https://japan.cnet.com/article/35173930/?utm_source=newspicks&utm_medium=news_distribution&utm_campaign=newsfeed_distribution


ANA発とは面白いですね。


体の移動ではなく意識、魂をリアルに移動させる「avatarin」に関しての記事です。


イメージとして海外旅行より、リアルな行事に参加できることのほうが社会的価値は高そうです。


例えば、東京で開催される孫の結婚式に、沖縄に住んでいる高齢のおばあちゃんが参加する場合、「足が不自由で参加できない」という状況は良くあります。


実際の結婚式に「肉体以外」を移動させて、avatarinで参加する、といったニーズはありそうですね。(年配者が操作できるかは別問題として)


また、年齢に関わらず体が不自由な方や、対面恐怖症の方など、オンラインで活動できる場が広がることで、人生が変わると思います。


記事内の事例として

・「孫の結婚式があるがアバターで参加できないか」といった相談

・自治体に貸し出したアバターを家族が使い、病院で患者を看取った

がリアルな利用価値かと感じました。


海外旅行は、、、私は体を持っていきたい派ですが、ロンドンの美術館などはお試しで利用してみたいですね。


というか、一度利用してみたら、考え方が変わりそうです、笑


ちなみに、肉体に魂が宿っていると考えると、肉体を作っている会社ということになりますね。


そう考えると、凄いですね。。。


▼まとめ

・遠隔ロボットを使った世界初の瞬間移動サービス「avatarin」のベータ版を2021年秋に提供開始

・アバターロボット「newme」を使ったバーチャル移動サービス

・マイクとスピーカーを内蔵し、ユーザー自身がその場にいるかのように、話したり歩き回ることができる

・まずはミュージアムから、ショッピング用途も想定


荒井智也note:https://note.com/tomoya0725/


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険やリスクがあっても広がるサービスは広がっていくパターンでは、外資系がとにかく強いですよね。

https://signal.diamond.jp/articles/-/913 ついに大手が参入するのですね。 電動キックボード最大手BIRDが日本に上陸するという記事です。 電動キックボードに関しては広がることは間違いないと思いますが、海外とは違い日本では都心部を中心に道も人も狭い距離にあります。 自動運転の導入が地方から進んでいる理由もしかりです。 都心部ではマナーの問題は起きますし、地方よ

結果を早く出したい人には我慢できないであろう新SNSから何が実証できるのか楽しみです。

https://www.gizmodo.jp/2021/10/sns-minus.html おぉ、またまた濃いSNSが登場しましたね。 一生に一度しか投稿できないSNSが登場したという記事です。 起草は西野さんのレターポットに近いイメージではないでしょうか。 100回しか投稿できないなら、言葉を選んで投稿する。 言葉を選んで投稿するため、100回を投稿しきるまでの期間は長くなる。 想いのこもった言

配膳ロボではカバーできないニーズを分析していくと個人経営店にも勝機は広がりそうですね。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76725010Y1A011C2MM8000/?unlock=1 なるほとですね。 すかいらーくが配膳ロボを2,000店に導入するという記事です。 今後、サイゼリヤしかり今後は大手チェーン店は配膳ロボを入れていく流れとなるでしょう。 配膳ロボを導入すれば、人件費が削減できランニングコストは下がるという考え方と、人手不足を補え