自分たちのブランドを守るために市場を選択する権利は販売側にあります。


 

https://wedge.ismedia.jp/articles/-/26353

 

小売りあるあるですね。


一蘭がカップ麺の価格拘束によるブランド維持は可能かどうかという記事です。


ちなみに、価格拘束で公取委が調査中とのことです。


まず、2点挙げられます。


①ブランド維持したいならカップ麺の市場に商品を出さない

②仕入れ原価を上げて490円で売らざる得ないようにする


価格は市場の中で自然と決まっていくものです。


ハーゲンダーツが一定の価格で販売され続けるのも、結局はスーパーもお客様も納得しているからです。


もし、一蘭が490円の価値があれば、一時的に安売りしても通常価格に戻した際に販売が立てば安売りされることはありません。


仮に安売りは絶対に嫌だ、というのであれば、日本の小売りに卸してはいけません。


自分たちのブランドを守るために市場を選択する権利は販売元にあります。


、、、とはいえ、「お客様のために」と、とにかく安く売ろうとするだけのスーパーは残念ですが。


勉強になります。


――――――――――――――――――――

▼越谷雑談がやてっく 運営しています。

https://koshigaya.gayatec.jp/


▼ローカルビジネスの研究所 ~がやてっく開発室~ ¥980

https://note.com/gayatec/m/m5e3ce52df167


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://newswitch.jp/p/34845 なるほどですね。 ペーパレス化の影響で印刷会社は既存の案件が減り続けているため、新規案件が獲得できるよう、メーカー側がいろいろ開発しているという図ですね。 デジタル印刷は印刷全体で約10%のシェアしかなく、そこを掘っていく流れです。 メーカー側もニッチな需要を狙っているかと思いきや、印刷業界の流通額が結構大きいのですね。 19年の国内の印刷

https://www.jprime.jp/articles/-/26011 無人餃子の店舗展開は早かったですね。 損益分岐点が低いため、多少万引き等されても問題ないのでしょう。 お肉の無人販売所は「副業」の視点で損益が組まれています。 年収400万の会社員が副業で毎月10万、年間120万稼げたら、最高です。 そもそも1店舗あたりの利益をたくさん捻出するビジネスモデルではないため、より多店舗展開が

https://www.hotosena.com/article/14776669 どこまで真面目な話だとかと読み進めましたが、どこまでも真面目な話でした。 東京都立多摩科学技術高等学校の生徒が、校舎を都心部へ移動させたいという想いから校舎を押し始めたようです。 現状では近くの電車の揺れで電子機器を利用できない、など理由は至って真面目。 また、「正攻法に嘆願書を学校に提出しても効果はない、まずは生